明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

デパートへ行こう。

 デパートへ行こう。真保裕一さん。
 はじめて読む作家ですが、以前ドラマで「つながれた明日」だったか? 見た覚えがあり良い印象がありました。
 読むテンポが早い。イコール、作者の技である。盗まなければいけない技である。
 そんな読み方をするから、非情にスローペース。これは良い表現だ。となれば、一行を5回も再読。
 キレもあって、軽くない文と言うのは、好きです。 

 深夜の閉店後のデパートに偶然居合わせた数人の、一夜のお話ですが、凄い練られていますね。
はっきり行って引き込まれます。途中まで謎に引っ張れる部分もあり、そこが上手いなと思います。
 人物皆が個性的で、一見共通項など見出せない中で、贈収賄事件がつなげていき読者を翻弄させていきます。
 しかしながら、結局は人間愛がこの作者の得意としてテーマなのではないかと思われます。
 エンターティメントでも、そういうテーマが無いととても詰まらなくて、味気がなくなりますね。
そこら辺が非情に勉強になります。

 それから、このお話、現代の会社トップに立つ人に読んでもらいたい。苦しい中で、何が大事かわかるんじゃないかなと思いました。

  時代小説を応募してから、とんでもないミスに気付く。 

 やらかしました。専門用語になると思われますが、視点者の固定。と言う点。
視点者(だれからみてるか)を変える場合は、章を変えるか、一行空けなければ読者が混乱を引き起こすというもの。
 出して10日目くらいで、ネットで読んで気付く。
 それから、次のためにも、最初から最後まで直しを入れた。それに10日かかった。
 駄目な事だが、直しを入れればかなり良いと思うので、望みは捨てれない。
 
 今月から書き始めた現代小説も、20ページくらいで気付いたので、そこを注意しながら多少手直ししながら平行で進める。
 途中でわかっただけも良しとしよう。
 延々と、更なる半年を頑張っていこう。アイディアは小出し出てくる。ひねり出しているのかもしれないが、好調だと思いたい。退屈させないで読ませる技術を、使わなければ。
 最大の重点は、テーマ。
 
 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-06-30 19:24