明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 なぜですか?

 UCCのインスタントコーヒー、117を探してますが、田舎なので売っていないようです。
 どこかのスーパー、ドラッグストアでもいいから、売ってませんかね?

 119ではありません、117です。黒いラベルのパッケージです。

 一日4杯は飲むのですが、薄くしてます。普通、2グラムなんですね。その計算だと、1/3くらいの量をカップ1杯の分量にしています。だから、他で淹れてもらうコーヒーが苦手だったのかな。
 けして、コーヒーきらいではありません。
 それから、酸味よりも苦味に傾いているほうが好きです。

 UCC、あるいは、キーコーヒーのインスタントコーヒーはマイナーなんでしょうね。
 うちで買っているのも、AGFです。

 ブラタモリの、桑子アナ、かわいいです。突っ込み方も面白いし。服の趣味がステキ。

 狩野よ、なぜに850万円も出して、レンジローバーなんて車を買ったんだ? ターボを後つけする件は笑えました。有り得ない、というか、わざとですか?

 今週の世界仰天ニュースは参りました。悲痛なサラリーマンの話。最後、泣いちゃいました。

 なんだか、とりとめのない話をしています。

 UCCのインスタントコーヒー売ってるお店、わかりましたらご一報ください。
 上記、見つかりました。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-05-30 20:04 | 思うこと
 没後20年を数えるテレサ・テンの特集で、まさに目から鱗が落ちました。

 まだわたしがこどもだったころ、隣から何度も何度も聞こえてきて、何となく覚えた曲が「時の流れに身をまかせ」でした。
 大人になってから、じっくり聞いてその良さがわかりました。
 そして今回、歌詞の意味に言葉の深さを知りました。なんてすごいんだ、呻ってしまいました。

 もしもあなたに会えずにいたら わたしはなにをしてたでしょうか

 この「あなた」は、誰か、つまり特定の人をさしているのではなかったのです。
 「あなた」に当てはまるのは、彼女にとっては歌だったんですね。
 これは、その人その人によりかわってくることでしょう。
 
 それから、簡単でわかりやすい言葉が似合うので使ったと話していました。たしかにいま聞いても、難しい言葉や専門的な言葉は一切ありません。
 人に聞かせる、読まれる言葉はそうあっていいのかもしれません。

 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-05-12 22:27 | 思うこと

く、くびが。

 左に傾いて昨日から苦しいです。
 肩や腕も痙った感じです。茶碗やコップさえ口元まで運ぶのに、えいやっと気合いを入れないとぐぐぐーと言った調子で動かせません。
 いわゆる、寝違えたという奴ですか。わからないのは、朝はなんともなかったことです。
 今日の夕方になって、くびがようやく中央にのってる状態を維持できています。

 こういう経験って、つかえるものですね。きっと、話の中で登場人物のくびを痛めるんだろうな、といまから想像がつきます。リアリティは恐ろしいけど、役立つんですよ実際に。

 わたしの場合、読む小説ジャンル、作家ともにバラバラなんです。わざとそうやっているのです。好き嫌いで読んでいたら偏ってしまうから、苦痛に感じても堪えています。
 しかし、世の中の本読みはそうじゃないんです。当たり前ですが、男女別、年代別でもかなり偏っています。
 年間貸し出しリストなる参考になるものをいただいてきました。
 丁寧なつくりですばらしい。
 リクエストが多い順のなかにある、35冊のうち、わたしが既に読んだのは10冊でした。それだけ、新しいものだけを追い求めていないんだなとわかりました。残り25冊にしても、まず読まないだろうとわかるのです。

 いや、しかし、貸し出し数の多いこと、驚きます。
 自分に当てはめると本代におおよそ10万円かかる計算です。年間です。もちろん、1円も払わず読んでいます。これって、感謝以外のどんな言葉も思い浮かびませんよね。
 修行の時代はいつまでつづくのか。いや、きっと修行の時代が終わったとしても、感謝しながら借りるんでしょうね。何かしらの恩返しをしながら、とか、そんな空想も少しはします。言っときますが、空想しない人間は何も取れません。善し悪しでさえ、他人任せになってしまうでしょう。

 大丈夫です。必ず取る気でいます。なぜなら、わたしほど、周りにおかしな人間に恵まれている奴も珍しいからです。犬も歩けば棒に当たる。わたしが歩けば、相手のほうからおかしな奴がぶつかってきます。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-05-10 19:47 | 思うこと

写真のサークル。

 11人ほどのメンバーが月に一度集い、ああだこうだと言い合う感じです。
 遠慮のない意見が飛び交うのがいいですね。
 わたしの場合、かなり突っ込んで指摘されるほうが好みと言いますか、助かります。
 とても参考になるからです。
 
 落ち込んだり、疲労感が漂うこともそりゃああります。そこからの考え方次第なんですね。
 ポジティブかというと、そうでもないんです。かなり疲れて、ドロドロになるほうです。
 学ぶには、教えられることの深さがいかに重要なポジションを担っているのかわかってきます。

 ありがとうございます。

 そこから考えたことは、いろいろなところで活かされるのですから、それへの感謝でもあります。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-05-09 12:00 | 思うこと
 連休もほぼ毎日、書き続けです。読んでは書いて、書いては読んで、でしょうか。
 道のりはまだ長いので、こつこつ書くしかないのです。一日、三枚程度の分量ですが、何ともスローペースです。昨日でちょうど五分の一といったところです。
 どうにも具合のよくないことに、机を離れると思いつくので、忘れないように留めておくのに苦労しています。長い話なので、あのとき思いついたことが、数日先に書く場面に辿り着くといった感じで、鮮度を保つのに大変です。
 流れ的にはのっているのでしょう。ああ、もうだめだ~という弱音にはまだ至ってません。

 ずっと書き続けるというのは、こういうことなのでしょう。
 不安と恐れとの戦いは途切れません。
 安定したら人間は終わりだ、なんて言葉は強い人間の言葉です。
 返事や連絡を期待せず、それが来たときは喜びの日であると信じていくしかないのです。

 五月後半、遠出することになってます。そのために、三月から書くことにしたわけでして。
 そういえば、来年予定しているものの出だしを思いつきました。
 そして、さらに次の話のヒントも少しだけつかみました。これらを準備と言うにはあまりにも稚拙ですが。

 話は変わりますが、
 つんくさん、の大学での声のない祝辞はいつまでみんなの心に残るのでしょうか。
 あのとき、一時だけ考えて終わる人も多いんだろうな、と思うのです。
 わかるわかる、そんな言葉は容易に吐けないんですよね。だから、わたしも彼の気持ちがわかるなんて言えないのです。

 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-05-06 20:05 | 思うこと