明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 このところ体調不良かなと思うような鼻水が。
 風邪薬飲んだら、治ったみたいです。
 そのまま草刈り二時間。
 なんだかもう、ホットコーヒーが美味しい季節になりましたね。貧乏なので安物インスタントで満足です。
 うちが草刈りをしてきれいにすると、周囲もきれいに草刈りをはじめるのは、どうも不思議です。でも、そういうのって素敵です。言葉にしないで、伝わるようなことって、とげとげしくならなくていいですね。

 8月終えて、2/3書き上がりました。残り1/3です。もうこの時期になると、どう終わるのかゴールまでの内容は決まっています。ことしも、なんとか500枚書き上げることができそうです。毎年やっていますが、しんどいと思うのはごくたまにですかね。アイディアはひねり出すものです。苦しいからひねり出せるのです。
 さて、あと3ヶ月、書き上げて、来年に繫げるぞ!

 夏バテから脱出するには、とにかく目指すものを頑張ることです。
 夢とか希望って、涙が出てくるものです。どうでもいいとか、しょうがないとかで濁したら、あとにはきっと溜息しか出ない気がします。

 夏の来客は、また面白い材料、ちょっとしたネタ、キャラの裏話などつかえそうなものを少し運んでくれたようです。とにかく何でも吸収していきます。人間って、面白いものだから。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-30 22:59

野菜中心です。

 うちの食事、野菜中心です。畑があるから。買わなくてもいい食材なので、肉魚よりずっとずっと多いです。

 たぶんうちに来たら、もっと肉とかでないのかねえ、と思うはずです。
 まあ、肉など油もとらないと贅肉は落ちないんですよね。燃焼しないから。だから、まるっきり食べないわけではありません。普通の家より、え?と思うくらい少ないというだけの話です。

 そのうえ、お盆やお祭りなどの物日には食べる量がガッタリ減ります。その理由は、お客様が中心なので、家の人はあまり食べない、というか、気遣いして食が細るのです。
 そういう家庭ありませんか?

 いやあ、まじめに、昨日、一昨日の夜なんかの例でいいますと、ご飯のほか、キュウリの漬け物しか食ってないです。あと、枝豆、ナス漬け、ミニトマト。
 
 いっぱい食べていくお客さんは、何かとものを持参してきます。だから、物々交換みたいなものなのでしょうね。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-26 19:55

まつりだ!

d0134098_22232012.jpg

 初日、宵祭り、

d0134098_2223475.jpg

 二日目、本祭り。

 暑さほどほど、雨にも降られず、いい塩梅の風が汗を冷やしてくれましたね。

 後は、一歩一歩秋へと向かいます。

 ごきげんよう、さようなら。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-25 22:25
 ゆっくり読む本、テンポよく読み進む本。

 実験ではありません。

 ゆっくり読む本。代表格は、小川洋子さん。この方の本は当たり外れがないです。
 読むのが辛くて途中で投げ出した本は今までないです。
 ただ、どうしてもスローなスピードになります。よく噛まないと食べられない食品のように。

 テンポよく読み進む本。代表格は、池井戸潤さん。こくがあるのに切れがある、どっかできいたような。
 
 ちょうどこのふたりの作品を同時に借りてしまったのです。
 

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-18 22:43

嫌われる覚悟がないと。

 嫌われる覚悟がないと、ものはつくれないだろう。
 皆にいい顔をしたいなら、ものはつくれないだろう。
 そういう物作りが見たいと思います。

 だけど、いいねいいね、がんばってるね、すごいね、なども必要だろう。
 そこにいる以上は、盛り上げていく必要性もあるだろう。会社やグループもそう。盛り上げていく、いまある力をさらに発展させるための言葉。そして、それがとても重要だったりします。要はやる気にさせる力です。

 ああ、この矛盾よ。
 この役割は分担でいこう。それで、万事解決。となればいいのですが、どうなることやら。

 エアコン要らない八月も珍しいです。今年の八月は雨多しです。
 昨年までは2週間も降らず、からからの土埃が立ってましたからね。

 重松清さんの「ゼツメツ少年」を読みました。
 なかなか面白かったのですが、ラストが気に入りません。
 あれで委員会。小中高生の自殺を扱うのは難しいですね。
 ですが、概ね賛成の流れではありました。いい言葉も散らばっていました。
 再来年、そういった世代のいじめ、自殺を扱えるだろうか。違ったやり方で、取り組んでみたいです。
 これと決まった特効薬はないのですから。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-16 19:50

大学進学率がすごい。

 大学、短大進学率がすごい。合わせて50%超えています。
 専門学校進学率が17%。7割近くが高校卒業後、何らかの進学をしているのですね。
 すると、高卒は3割以下。中卒も含みますが。なんだか意外な気もします。

 とりあえず、いっとけ~なのでしょうか。羨ましいと言えば、羨ましいかもしれません。
 
 こうなると、世の中は、
 大卒の人のために、大卒の人が感動するものをつくればいい、となるのかもしれません。
 喜びって何ですか?
 悲しみって何ですか?
 そういう問い掛け自体、ナンセンスになるのでしょうかね。
 きれいなものだけを作っていけばそれでいいと。
 呆れてしまう、とか言わないで、見失わないよう頑張りたくなります。


[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-11 23:22
 今朝の新聞、やたら青くて丸いものが多く賑やかでしたね。
 何なのでしょう。

 本日公開、ドラえもん。これが答えでした。
 いま見ても、何とも愛らしい。まん丸いからだと、まん丸いあたま。
 つるんとしている。猫とはとても思えません。
 あの青さ、何ブルーというのだろう。わかりませんが絶妙な色合いです。
 
 やっぱりキャラクターには愛される素質があると思います。愛される女性と同じように。
 ゆるキャラが多い昨今ですが、キモ可愛い、はちょっと……。
 くまモンのとぼけた顔も、どこかドラえもんに通じるものがあります。丸いからだと丸い頭。

 村上春樹さんの新刊では、「イエスタデー」がとてもよかった。なかには、あまりぱっとしない話もありました。半々くらいではないでしょうか。古くからのファンにとっては、あの喪失感がたまらないのです。泣けそうで泣けない胸の苦しさ。押し戻そうにも、ドアが閉まっている時の流れの残酷さ。とても可愛らしいすてきな女性が登場するのもすてきです。
 明日返そう。後に待っている人がもっと増えているだろうから。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-08 19:57

夏やせは、ありか?

 夏やせは、ちょっと危険かもしれません。
 食欲があまり湧かないわりに、体重減ということもないです。
 汗がどっとでて、一時的に減ったと思っても水分補給すれば元に戻ります。
 むしろ夏は、いかに現状維持するか、だと思います。

 運動、身体つくりも春と秋が最適。冬もまあまあ適しています。
 夏は汗だしたあとの飲む量が半端じゃないです。(ビールとかでなくても)普通に水、麦茶、ウーロン茶、牛乳、スポーツ飲料等々。
 飲まないと血液の流れが悪くなります。
 お薦めは、麦茶。体力消耗時は、牛乳を。

 では、逆に夏太りはありか?
 水がぶのみで太るということもないかもしれません。汗を出せば、一定のところで落ち着きます。

 暑さで気持ち悪いときは、深呼吸。ロングブレスの要領で深呼吸すると気分が落ち着いてきます。
 出来れば風通しのいい日陰で休みましょう。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-07 22:25
 あれもこれも、できるわけがありません。
 どっちかに集中。おそろかにするくらいなら、はじめからやらない。
 迷惑を掛けたくないから。
 それでなくてもこの暑さ。
 やはりというべきか、8月はペースダウンです。中身は沢山詰まっているのですが、追いつかない。

 そういえば、夏は読む方も遅れています。
 
 2ヶ月半待ってようやく借りました。村上さんの新刊。
 なんと、その後ろに11人待っている状態です。
 これはなんとしても早めに返さなければ。と思ってしまうのです。
 285ページだから、1週間で読み終えそうです。
 期待を裏切るものではありませんが、初期から中期の作が懐かしいです。


[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-04 22:27

髪を切りすぎました。

 短くて言ったけど、これはちょっと短すぎでは?
 いつも切ってくれる店長じゃない女性の方がいいんだけど。
 空いてなかったので、まあ仕方ないけど、あとで笑ってました。
 1週間か10日くらいするとちょうどいい塩梅ですね。って。そうそう、そうなんです。
 外出時は少しのあいだ、帽子を被っていこう。

 若者たち2014 
 なんだか、取っ組み合いの喧嘩シーンが多すぎます。熱くなりすぎではないですかね。
 このままではラストまで行く前に飽きられてしまいそうです。
 瑛太くんみていると、黒いTシャツがかっこよく思えてきます。
 つかこうへいさんの「飛龍伝」舞台場面いいね。台本で読んだことありますが、つかさん好きです。

 そしてもう一本、スポ根ものに近いドラマ。
 重松清さんの「あすなろ三三七拍子」
 有り得ない設定だと思いながら、ついつい見てしまいます。
 そうそう、昔応援団だったという方に、こういうドラマ今やってますよ、と紹介しておきました。
 大人の人で、学生時代応援団だったという方、はじめて聞きました。

 この時期、外で作業している方々大変ですよねえ。
 2時間ほどの草刈りでかなりバテました。熱中症対策しましょう。
 作業途中、頭から水被って続けると、その水が次第に茹だってくる。これはやるべきではないのでしょうか。
 かえって頭がふらふらになりました。
 しかし、隣近所のみなさん、草刈り機械けっこう持っていますね。
 うちくらいなのかな、手作業の草刈りは。
 いや、でも手作業の草刈りがきれいに仕上がって好きなんです。お盆前なので、きれいにしておきます。


[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-02 22:02