明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゴムが伸びちゃった。

 もちろん、あれの話ではありません。

 先日野外で撮影があったとき気付いたのですが、レンズのズームリングのゴムがカバカバに緩くなっていたので驚きました。使えなくはないけど、見映えが悪いかな。
 太陽光の熱で溶けたのでしょうか。
 かれこれ8年近い付き合いのレンズなので、交換時期なのかなと思ったりもします。
 大口径は高いんだよねえ。フルサイズなら、2.8にこだわらなくてもいいんだけどねえ。

 そういえば、今年はモデルなしでした。もっぱら花を追いかけて撮る、撮る、撮るでした。
 誰か、モデルなり手いませんか~~ 謝礼は出るそうですよ。
 あとは、師匠の講義を受けてきました。

 今年の500枚、半分越しました。7月中が予定でしたが、8月と9月は少し時間を削られそうだから早めの進行です。
 あと4ヶ月、引き続き頑張ります。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-07-24 22:27
 柴門ふみさん、ひさしぶり~~。
 同窓生、チラッと見ました。最終回まで欠かさず見なくてもわかりそうな内容かも知れません。

 ああ、これ書かれた年代、或いは作者の年代などがわかるなあと思いました。

 最近、卒業生などが懐かしんで校庭など学校敷地内に勝手に入れないかと思われます。
 それを、見事やっちゃっています。
 そこがかえって、微笑ましい。
 若者たちとは真逆に明るい背景で綺麗な街角など撮っている。まさにトレンディ世代。
 恋愛に暗い現代感覚よりはずっといいかもしれません。もっともっと、つまらない恋愛をするべきですよ。妙に賢くて、傷つかない、過ちの少ない恋愛ばっかり目指している現代にパンチを食らわしているのでは? 正しい結婚、それがゴールですか?

 ああ、校庭なんかも自由に入れるように戻した方がいいですね。公共施設に恫喝するおかしな職員を置かなくても済むだろうし(笑)

 いまの学生さんたち、将来同窓会などやっても校庭に潜り込んだり、懐かしんで歩いたりできないんですよ。それでもいいのかなあ。寂しいですね、少々。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-07-14 19:24

やばい俳優たち。

 今夏のドラマ!

 「若者たち」
 妻夫木君と瑛太くん、似てる。
 カメラアングル好きですね。なんか洋画見てる気分。作ったセットをしていないところがいい。
 そして、暗い映像のつくりがいいね。
 主題歌、つい口ずさんでしまう。
 それから、「ひとつ屋根の下」は、ここから発想を得たのかなと思ってしまいました。
 この作品で、俳優陣、壊れると思います。いい意味で、いままでのイメージを払拭してくれそう。
 とくに、妻夫木くん、もっと壊れましょう。ちなみに、三男の柄本くんに注目してます。

 ぴったしカンカン。(ドラマじゃない!)
 ごちそうさん、に出演したという、(見ていませんでした)高畑充希さん、すごいお洒落!
 しかも、自然体で面白い子です。え、まだ、22歳? 今年から来春、ブレイクしそうですね。

 おやじの背中。第一回
 毎週一話完結、昔の東芝日曜劇場に戻ったようなホームドラマ。
 田村正和さんと、松たか子さん、来た~~~。
 松たか子さん、何着てもかわいい。地味な服も似合うから恐ろしい。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-07-13 23:26

ごきげんよう。

 ごきんげんよう。の台詞を耳にしたとき、なんて気取ってるんだろう、と思いました。
 しかし、べつに気取っているわけではないのですねえ。
 「花子とアン」後半に差し掛かりました。物語も佳境です。

 暑い、身体がだるいなあと思ったら、既に7月なんですね。夏本番。暑さに耐えていかなければ。
 ダラダラなる季節なのに、キッズさんたちバテてないなあ。真面目に皆練習に顔を揃えています。
 大人の方がバテ気味。
 夏の練習、大変ですねえ。
 できるだけ撮れるときに写真撮っておこうとは思うのだが、なかなか決まらない。

 人に会うと、今まで頭になかったアイディアがふと思い浮かぶので助かります。
 あれも使える、これも使えそう。とノートがたまっていけばいいのですが。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-07-06 22:20

壊れかけの炊飯器。

 徳永英明さんの歌ではありません。炊飯器です。ときおり、調子が悪いです。

 どこのを買おうか、となっているのですが、まるで見当がつきません。

 ふっくら、やわらかめが家族の好みのようです。
 いまのはパナソニック低価格帯、その前は象印マホービン、同じく低価格帯。1万円台でした。

 今回少々奮発してみようか、となっていますが、せいぜい3万円台でしょう。間違っても10万円なんて勧めないでください。卒倒してしまいます。

 やはり、炊飯器は、象印マホービンや、タイガー魔法瓶がいいのかな。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-07-01 23:17