明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひげ剃り考察。

 高いシェーバーは短時間で処理してくれる、らしい。
 しかし、短時間で処理してくれるシェーバーは、刃の交換時期も早い。切れ味が落ちるのも早いのですね。
 忙しい時間を短縮するには、何らかの代償を払っているということなのかもしれません。

 まだ新品同様で、交換時期が迫っていないのに時間がかかるなあとぼやいている方は、きっと刃が長持ちするでしょう。
 そう考えると幾らか救われた気分になるから不思議です。
 回転式はどちらかというと、深剃り苦手。
 でも、ゆっくり何度も肌に当ててやるとすべすべな肌になります。
 2倍から3倍の時間を掛けてそることで解決します。
 焦らず、怒らず、そういうものだと思って行動するのも、あり、かな。

 6月も残り一日。
 今月分のページノルマはぎりぎり20枚書けました。
 来月半ば過ぎで、半分に達する予定。自分に約束して期日まで仕上げる、これはいい訓練になります。自分だけの作業だからこれは迷惑はかからないけど、もしこれが大勢での共同作業だったら、遅れたら大変とかなりのプレッシャーになりそうです。大勢のスタッフで挑むなら、さらに余裕を取りたい、そうなるのは気性でしょうか。

 物語も佳境に入り、さあ、どう仕上げるか。おっと、それより先ずは前半の解決をして、後半の事件に持っていかなければ。やれやれ、先はまだ長いのです。頑張ります。

 服装で、歳が判断しにくい、ということがときおりあります。想像を膨らませるべきか、思い切って伺うべきか。難しすぎます。いや、逆に観察するのも面白かったりします。

 体型維持に際し、半月ほど前から腹筋運動も復活させた。数年振りだが、前の効果でお腹の筋肉痛になっていません、助かります。
 一日、20回から30回。
 ウエストをつくるには、腹筋運動が一番かもしれません。苦しい、面倒臭い、先が見えにくい、と三拍子揃っていますが、長い計画をたてられる人にはもってこいです。
 半年、前屈を1日100回しているけれど、まだ顔が膝につきません。身体が硬い。
 体重は標準より少し下をいっている。ベストな感じです。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-06-29 19:32 | 思うこと
 女性蔑視のヤジで、他のヤジを飛ばした議員追求が否決とは、ズルイね。
 一人名乗り出た人が馬鹿をみるようじゃあ、いけないと思いますよ。

 人が発言中にヤジを飛ばす。レベルが低い。
 好きな女の子に悪戯をしかけたような軽い気持ちなのか?
 これでは、以前多発した従業員が冷凍庫に入ったりしてツイッターに写真を掲載したのと同じ低レベル。あちらは解雇で、こちらは居直るとはまたおかしな差が付いたものです。
 偉い人たちも大したことないな、魅了を感じられなくなるのはこういったところからくるのです。
 責任の取り方が情けない。
 わたしのせいではありません、という声が聞こえてきそうです。

 マスコミは独自にもっと追求すべし。
 最近は世間も黙っていません。
 理研の問題の辺りから、女性蔑視に対する反撥が強まっています。

 出てくるまで議会から帰らせない、なんてどうでしょう。
 昔、学校では「出てくるまで、先生は待つぞ~」と頑張っていたような気がします。
 

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-06-25 19:36

占い。

 何となく見る週刊占い。
 今週は、何をやりたいかわからなくなったら、子どものころの原点に帰りなさい、ほにゃらら、ほにゃららとある。

 当たるも八卦当たらぬも八卦。

 今年もキッズがスタートした。半分が昨年と同じ顔ぶれ。新たな友達を連れてきて、またはじまる。
 今年はどれだけ撮影できるだろうか。
 今日の感触としては、あまりいいのが撮れていない。9割がボツ。
 馴染むまで少しかかりそうだ。

 感情の爆発を期待する。台詞は説明ではなく、感情表現。若いんだから、もっと尖れよ~~。

 草まけした皮膚は、一週間でほぼ完治したので安心。

 六月に入り、今月もまずまず書けている、スピードも落ちていない。
 ほぼ1/3が終了。
 閉じていくところと、新に開くところ、交わるところ。ああ、悩ましい。頭ではできあがってるんだけどね。


[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-06-15 22:39 | 思うこと
 昨日のことだが、畑というか、柿の木の下でフキ畑の草を刈った。
 ゴミとかも拾い出して、土をならしたところまではよかった。

 風呂で妙にかゆいなと思い、見てみたら疱瘡のようなブツブツができているではないか。
 手首から上、しかも片腕だけ。

 そういえば、半袖Tシャツに軍手だった。その露出した部分だけ、ブツブツができている。
 家にあった塗り薬をつけるが、すぐには治らないらしい。
 草まけ、というのが病名なのか疑わしい。しかも、何の草でなったのかもわからない。
 
 畑や庭いじりをする人は気をつけてくだされ。ごきげんよう。

 今日は高校演劇を見てきた。
 おう、今年は、2校制覇。
 なんじゃ~。客の入りでは南の1/3くらい??? 生徒の応援が少ないなあ。
 役者、相変わらず厳しいが、演技って何なのか。ちょっと考えてしまった。
 格好悪くたっていい。演技なんて、突き詰めていけば格好悪い、みっともないものなんだと思う。だから伝わるんじゃないかなあ。
 舞台装置、背景はなかなか工夫が見られた。この辺が高校生の得意な分野なのだろうか。
 音響、照明はストレートな表現しかない。間接的な表現力を期待する。
 静、静、静、という感じの舞台。
 静だけなら、静にもグラデーションがあることを見せて欲しい。
 悪くはないよ。だけど、もう少し。

 ひえええええ。感想をメモしながら見ていたら、一時間ほどで首と肩こりがひどくなってしまった。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-06-08 19:27 | 思うこと

土日を畑に費やす。

 今年は土日を畑に費やせる。土日は書くのを休むから。
 そこで見えてきた、来年の材料。いわゆるキャラクタ-づくり。
 キャラつくりって、ある程度人を見て、あ、あの人、変だ! というところからはじまる。
 いや、これは失礼。あくまでもキャラつくりですから。

 時代小説作家に山本性が三人いる。もっといるかもしれないけど、有名どころで。
 そのなかに、山本兼一さんという故人がいる。

 たまたま手に取った本が面白かった。

 シリーズもので三冊ある、生きていればもっと書かれたのだろうと思うと、辛い。
 とびきり屋見立て帳「千両花嫁」
             「ええもんひとつ」
             「赤絵そうめん」
 時代は文久三年、道具屋夫婦を軸に、坂本龍馬や、高杉晋作、桂小五郎、新選組、など錚錚たる人物が脇で動き回る。
 道具屋の見立てなど、茶道具の知識もなかなか興味深い。
 山本さんはそういうことも勉強していたのだろう。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-06-01 22:43 | 思うこと