明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 コーヒーがうまい。

 先月、胃の調子が悪くなり1週間ばかりやめたのだが、また飲みはじめた。
 コーヒーは安物に限る。
 思いっきり、貧乏臭い発言だが、安物コーヒーをがぶ飲みするのが好きだ。
 
 自分が飲むなら、安物コーヒー。
 人に贈るなら、ちょっと高めのコーヒー。 

 ブラックでもなぜか甘く感じる。
 しかし、牛乳を入れると逆に苦く感じる。
 雪かき後のコーヒーはうまい。

 ホットココアもうまいので、飲みわけている。

 土、日は、隣近所が一斉に雪かきに出てくる。
 とくに言葉を交わすわけでもない、会釈して後は黙々と作業をこなすのだが、誰かがいるというのはいいものだ。お、あそこの爺ちゃん、元気だな、なんて見ながら片付けていく。
 50代が夫婦で仲良く雪かきをやっている風景もなかなかいいものだ。
 
 雪で目立つもの。
 それは、散歩の途中でしていく犬のウンチだ。
 こらー、拾って歩いてよ、飼い主さん。マナーを忘れずにね。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-02-23 19:18 | 思うこと
 予想が的中した。
 雪だよ、雪!
 1月、2月と、中旬が一番多く降る。これはなんかの法則に食い込ませたくなる。

 さっきやったばかりなのに、雪かき。
 昨日の日中から、40センチ近い降りっぷりだ。

 というわけで、遠地の雪投げにはお手伝い行けませんが、
 大雪で困っている地域のみなさま、ともに頑張って乗り切っていきましょう。
 
 春の来ない冬はない。
 
 なんだか、むのたけじさんの詩でも諳んじたくなりますなあ。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-02-21 22:31 | 思うこと
 雪の降らない、降っても大雪にならない地域で白魔が暴れた。

 毎年のように大雪に見舞われる地域に住んでいるが、あれしきの雪でなどと笑えないものだ。
 普段から大雪に慣れていない、経験がないというのは怖ろしいものだから。
 
 本当にスコップをかついで手伝いに行ってやりたいくらいに思った。
 自分の回りもまだ片付かないのではあるが。

 日本の普段大雪にならない地域も、何らかの対策をこの機会に考えてもらえたらと思う。

 読んだ本はいろいろあるのだが、記さないうちに忘れてしまった。
 松本清張さんの「ゼロの焦点」はじめて清張作品を読んだが、ほんとに読みやすい文章だった。
 
 校正二回目も終わり、あとはプリント郵送だ。
 2月中に終りそうだ。
 空いた3月は、次の校正を簡単にしておこう。(数行削らなければならないので、その作業中心に) あとは、他のを再度見直しておく。

 四月から、新しいのに取り掛かる。だいぶ構成が煮詰まってきた。
 冬季は、アイディアの宝庫みたいに使っている。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-02-20 22:17 | 思うこと

やったね、黒木華さん。

 海外での映画賞受賞。

 小さいおうち、は小説も物凄い面白かった。
 苦しい戦時中の話ですが、ユーモアたっぷりに乗り切っている。
 日本人らしかぬ、センスの小説が原作です。

 黒木華さん、女優。はる、と読むらしい。

 彼女をはじめてみたのは、朝ドラ「純と愛」だった。
 ホテル従業員のちょっと意地悪な役柄。
 けして美人の部類ではない。
 うん、そこがいい。私、美人でしょう、といったタイプは面白くないですから。
 だけど、可愛くないわけではない。目が点みたいだし、一度会ったら忘れられない顔かもしれない。
 何かが違う。人と同じでないもの、持ってるな。
 そういう華がある。
 これは、と思った子が受賞すると嬉しさが倍増だ。

 もっと身近に、役者を育てる馬鹿がいないかなあ。いないんだよなあ。馬鹿になれる人が。みんな、おりこうさんばっかり。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-02-17 22:25 | 思うこと

大雪はこれから。

 今日も雪掘りだ。
 昨年のデータから見ると、2月半ば過ぎが危ない。これからだな。

 1月は、2週目~3週目が大雪。もつもつ降り積もる。
 だから、この時期にイベントは極力控えるべきだろう。

 3日しないと、掘った場所がまた雪で埋まる。勉強と同じだな。3日しないと遅れを取り戻すのが大変だ。

 なんだかんだと校正二回目で、かなり直したい箇所が出てくる。
 直して読んで、確認、確認。
 新しいものを生む時期ではないこの季節が、いちばん緊張する。
 この時期は、新たに書きたいテーマが頭にウヨウヨ生まれてくる。妊娠だったら、腹を蹴って暴れている頃だろう。
 気が早い。
 早くも、次の次の、次に書きたいテーマが生まれた。
 おいおい、大丈夫なのか。
 忘れないのか。
 忘れるどころか、テーマの上に人物像のメモが貼られていく。起こるべき事柄、嫌な奴など、どんどん案が貼られていく。
 だったら、そっちからやれば。となりそうだが、しばらく待ってもらうしかない。順番は必然だから。

 2月も体重は増減なし。固い体が柔らかくなるまで、もうしばらくかかりそう。

 なぜ日本人は、オリンピック選手にメダルを期待するのだろう。それも評論家は、絶対取れると強調して呷る。取れると言って取れなかったら、評論家は謝るのだろうか。いや、それもしない。
 もっと、自由に競技をしてもらいたい。過度の期待は負担になるだけではないだろうか。
 応援はいい。士気を高めるのもいい。
 だが、現場で戦っているのは彼らなのだということを忘れたくはない。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-02-11 19:56 | 思うこと