明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 容疑者Xの献身   東野圭吾さん   お薦め度 ☆☆☆☆☆

 淡々とした書き方なのだが、最後は泣かされた。人間というものをよく知っている。

 ヘブン       川上映美子さん  お薦め度 ☆☆☆☆

 ラストはあれでいいのだろうか。悩む。

 花まんま      朱川湊人さん     お薦め度 ☆☆☆☆☆

 これは、そのままこの人の世界だ。不思議でいて、嘘だろ、とは思えない。


 4年以上前に書いた話を渡した。
 あと新しいものを求められてもない。
 1/5を書いて放り出してあったものに、二年ぶりで手を付けてみた。
 こういう機会がなければ、まだまだ寝かせたままだったろう。
 新たにアイディアが浮かんでいる。
 
 しかし、まあお客さんだから、余程よくなければ使ってもらえないと覚悟している。
 だから、力が入るのだ。駄目だ、駄目だ、駄目だーと自分に気合を入れて、
 何度も練り直す。そうせざるを得ないのだ。
 
 まあ、いまは他に注力しているときだから、
 そっちはあくまで暇を見つけて手を入れていこうと思う。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-04-27 19:43 | 思うこと

とびうおラーメン。

 ラーメンなんて、十数年ぶりに食べた。
 家で食べるインスタントやカップではなく、店で食べる奴。
 基本的に猫舌なので、熱いラーメンは敬遠しがちなのだ。
 しかし、ラーメンしかない店だった。
 とびうおラーメン。550円。
 出汁にとびうおを使っているようだ。美味い。さほど熱くないので助かった。

 その日は雪まで舞っていた。波の華ではない、本当に海に雪が降ってきたのだ。
 風まで強くなり、何のためにカメラを構えているのか、わからなくなる。
 恐るべし写真教室。皆、異様に波間に浮かぶ十六羅漢を撮影する事に集中していた。
 さむっ。

 いやあ、しかし勉強になりました。講師を務めてくださった先生、お疲れ様でした。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-04-21 19:56 | 思うこと

500枚完成。

 原稿用紙換算、500枚完成した。

 冬まで寝かせておこう。校正時、削りながらラストにゆとりをもたせ、少々手直しだな。
 ぎゅうぎゅう詰めてしまった感があるので。
 書けない書けないといいながら、結局枚数ギリギリまでいってしまう。

 さて明日から、6作目だ。
 決まっているのは大まかな設定のみ。
 細かいことは、書きながら進めていく。
 一日三枚程度を書く、今まで通りのペースだ。
 夏にはばてるかも知れないが、登場人物たちに頑張ってもらわなければ。
 話を紡ぎだしておくれ。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-04-10 19:45 | 思うこと

読んだ本。おすすめ。

100回泣くこと   中村航さん   お薦め度 ☆☆☆

すれ違う背中     乃南アサさん  お薦め度 ☆☆☆☆

三千枚の金貨 上下  宮本輝さん   お薦め度 ☆☆☆☆

霧笛荘夜話      浅田次郎さん  お薦め度 ☆☆☆☆

ツナグ        辻村深月さん  お薦め度 ☆☆☆☆

桐島、部活やめるってよ 朝井リョウさん お薦め度 ☆☆☆
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-04-04 22:49 | 思うこと
 なんてことはない。
 3月半ば前に応募した作を、確かに受理しました、というはがきであった。
 毎年来るのだが、ここの社が真面目な証拠だと思っている。

 毎年500枚分を書いて送っている。
 来春送る予定のを、後十日ほどで仕上げたい。
 3月半ばに応募して手を離れてから、最後の部分を書き継ごうとしたら、
 なぜか思い出せない。これはいかん、とはじめから読み直し、校正を交えていたら半月掛かってしまった。どう締めようか、この部分が昨年末とは変わっていきそうだが、これまたいい方へ向かいそうである。
 
 それが終わったら、六作目を書き始めようと思う。
 いよいよ、怖さが顔を出してきた。
 完成できるのか、どうするつもりなのか、と。
 毎度のことながら、怖いのである。

 そのわりに、さらに翌年の今ごろから書きはじめたいと思っている話しも既に決めてある。
 なんとも因果なものだ。
 
 ときどき、休みには雪を掘る。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-04-03 21:52 | 思うこと