明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月末~読んだ本。

 往復書簡   湊かなえさん   お薦め度 ☆☆☆☆

 三つの書簡による短編。どんでん返し的な狙いは見事に練られていて、驚きと楽しさがある。さらりとした文章は、この人ならでは。
 おもしろいぞ~と叫びたくなるほどではないが、悪くはない。告白よりも好きだ。嘘だろ、的なところが少なくなってきている。

 都市伝説セピア   朱川湊人さん  お薦め度 ☆☆☆☆

 ノスタルジックと言う言葉がぴったり。ホラーだけど怖いというか、引き込まれる。立ち止まって考えたくなるような時間が欲しくなる。でも、これだけ読めと言われたら消化不良を起こしそう。隠し味の巧みさ。
 話の作りは非常に面白い。どこかにありそうだけど、スパイスが別物。文章の魅力も大きい作家。いろいろ書けそうだ。

 横道世之介     吉田修一  お薦め度 ☆☆☆☆☆

 一言で爽やか。こんな男子が居そうで珍しい。空気っぽいけど、忘れがたい人。
 とても好きだ。迷いながら生きている若者が皆、彼のようになればいい。そんな気がする。
 しかし、彼が死んで終わるのは嫌だな。ずっとずっとあとの未来だけど。
 忘れられない人、そんなイメージを作るためだろけど。

 シューマンの指   奥泉光   お薦め度 ☆☆☆

 純文学の文章が、長ったらしい。しかしミステリーだ。シューマンやクラシックに詳しい人以外は最初の3/4は退屈だろう。
 ラスト付近で二転、三転するのだが、結局はそのオチなの? という感じ。まあ、騙されはしたので文句は言えないが、締りに欠けるかもしれない。
 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-10-28 19:07 | 思うこと

純と愛。

 今クールのドラマは、菅ちゃん久しぶり、かわいいね、と思ったけど見るのをやめた。
 なんだか、人生をやり直す系が2つある。悪くはないけど、与えられた場所で咲けばいい、という本のタイトルのような感じなのだろうか。少し違うかもしれない。

 欠かさず録画して見ているのが、朝ドラ「純と愛」だ。
 夏菜といえば、ガンツでセミヌード見せた子だ。風間といえば、金八先生の生徒役だった子だ。という印象。達ひろしの社長、ありえねえ。と突っ込みどころ満載だが、脇役陣が面白い。
 上司や同僚の癖のある役がいい。
 良さそうな人が悪くて、悪そうな人が良かったり、見た目ではわからないのが人間だ。

 大臣が辞めたけど、それで収まるのもおかしい。
 スポーツ選手や芸能人が暴力団と付き合ってアウトなら、国会議員は即アウトに思えるのだが。どうなっているのでしょうか。議員資格もアウトではないのでしょうか。特権が多すぎるから、やめられない、笑いが止まらないのではないだろうか。

 ウイルスによる書き込みで誤認逮捕4人に対する謝罪で済ませるのもおかしいな。
 謝って終わりですか。そのかかわった警察官もみななんらかの罪を与えなければいけないのではないでしょうか。
 昔からよく言われた言葉、ありましたね。
 「謝って済むなら、警察はいらない」

 写真公募展。
 またもや入選止まり。入賞の道は険しい。
 今年から審査の先生が変わったようだ。ピントや、何をとったかわからないものは、先ず駄目みたいなことを喋っていた。
 一応、展示される70点に入りました。今日水曜日から日曜日まで。お暇にあわせてごらんになってください。よろしく。 

 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-10-24 22:36 | 思うこと

失敗から生まれる。

 たいていのことは、失敗から生まれるものだと思っている。
 成功や満足感のあとは、難しい。そこがひとつの頂点なのだから。
 あの失敗があったからこそ、今があるみたいな。
 成功しちゃった、満足からは次なるものが生まれにくい。その先が見えにくいからだ。
 失敗からは、常に前向きでいられる何かを授かるような気がしてならない。
 次のステップを踏み出しやすいのだ。そこに、恐れがないから。失うものが少ないから。
 だから、挫折や失敗が好きになった。
 それを売り物にしてはいけない。ずっとずっと歳をとって、もう語ってもいいよという時まで仕舞っておく。そんなものなのだろう。
 
 以前、待つことに失敗した事がある。
 待つのは辛いけど、そこにあるであろう理由を考えるに至らなかったせいだ。
 そしていま、また同じような局面にきている。
 今ならわかるような気がする。だから待てるだけ待とう。
 いろんなわからない事情もあるのだから。

 夏の日焼けで肌が弱っている。
 入浴時、タオルを顔にあてる時間をながくする。
 それだけで、かなり違うものだ。

 ひまわりの種取りもそろそろやらなければ。
 どうして、こんなにヒマワリの花がすきなのだろう。
 昔、テレビドラマの主題歌で、「ひまわり」というのがあったような。
 あのイメージなのだろうか。

 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-10-14 22:25 | 思うこと

畑日和。

 今日は一日中、畑の草刈をした。丁寧に。
 おそらく今年最後の草刈だろう。もう伸びそうにない。
 作物の後片付けもある。
 秋でもとれるのは、しその実や、食用菊くらいだ。
 まだ、サトイモも残してある。
 自家製サトイモとネギで作った芋煮はおいしい。

 数時間も草刈をすると、腰に来る。先週は撮影と法事、その前の週はいろいろあってできなかったので、3週間ぶりだ。夏の3週間と違って、伸びる速度は遅い。
 一番草が伸びるのは、春の5月ころではないだろうか。真夏日は雨が降ればもっと盛大に伸びるだろうが、雨が少ないと伸び率は落ちる。
 近所で畑が多いと、どうしても競うように草刈を丁寧にしてしまう。
 さっぱりしない家もあるが、あの感覚はなんとも不思議だ。他人様の家だからどうでもいいのだが、珍しい。

 柿の実は、なかなか赤くならない。落ち葉の片付けも結構大変なんだよな。

 使っていなかった場を畑にする作業も中途半端。
 石ころ拾いが案外時間が掛かる。冬が来る前に終わらないだろう。
 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-10-07 22:01 | 思うこと

are you hungry?

 三月応募作も落ちた。
 今年は、1月と3月と二つ落ちた。
 次の応募は来年だ。
 結果わかってしまえば、ふっきれる。
 あとはもう、次に向うだけ。後ろなんかふりむけるか。なんて、いいながらウジウジしたりもするのだが。そういったときは、たいてい案が浮かばないとき。

 いまのも、半分を超えた。あと3ヶ月で終わるか不安は残るが、とにかく前に進もう。
 
 写真整理も一段落。約10時間の作業を三日で。
 ピント成功率は1/4の確立。少し精度が増した。
 
 プリント店では、顔を絶対的に明るく補正する癖がある。
 だから、そういう機械に無理だなと思うものは、自宅プリンターで出したほうが良いみたいだ。
 傾向を掴んでしまうのだ。
 肌の黒い顔の人だったら、どうするのだろう。疑問だ。
 それでも明るく補正する機械に、オペレーターは直そうとしない。手間が面倒だからだろう。時給に合わないとか。職人が消えたなあと嘆きたくなる。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-10-03 19:31 | 思うこと