明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

小学校の運動会。

 今日は運動会の写真撮り、あまり力まず。
 100メートル走はさすがに難しく1枚もなし。コース確認怠り、右かと思ったら左側走ってきた。慌てて構えなおすも既に時遅し。
 マスゲームも、今回は後ろの列ということで、ズックの色を頭に入れて望遠で追った。
 ところがアクシデント。
 なんと、黒いズックに黄色ラインがもうひとりいた。そこでも顔を見ればわかるはずだった。
 後で聞いた話では、似た顔がクラスに二人いると言う。しかも、担任も呼び間違えるほど。
 なんでやねん。
 途中から、ずっとその子をファインダーで追っていたことになる。
 髪型も似てるなんて、笑うしかない。
 そこで、注意した。
 来年はどうあっても間違えないように金髪にして挑め、と。あっさり断られたが。

 読んだ本。
 かたえ聞き    長岡弘樹さん     お薦め度 ☆☆☆☆☆
 短編の軽ミステリー。人情ものでもある。ラストでころっと引っ繰り返す巧さ。重くはないが、熟読すればそれなりに考えさせれる。これを短編にまとめる力はすごい。要所要所を押さえて、読み手を誘い込む小説。
 必ず意外さに騙されるだろう。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-05-26 19:55 | 思うこと

ロングブレス。

 金スマに面白いのが出ていた。
 俳優の美木良介さん考案のダイエット法。ロングブレス。
 そういえば最近見かけないなと思っていたのだが、腰痛だったとは。
 病気もいろいろあるなあ。何もないほうがいいが、あってもそこでくじけないことだ。
 ロングブレスとは、呼吸法だ。
 実践したアナウンサーやADなど、すごい効果。
 あれを毎日やってみようと思う。
 ウエスト周りを引き締めたい人は是非。
 そういえば、あの升田アナ、髪も増えたとか。驚きだ。
 秋まで実践してみることにする。体重はそれほど多くないので月1キロでもいい。
 ウエスト締めましょう。
 しかし、俳優たちの腹筋はすごいなあ。
 腹筋500回とか平気でこなしている人もいる。
 役者魂を見せろ。といったところか。

 暑かったり寒かったり、おかしな天候だ。
 畑の草取りは小まめに。週一程度が目安か。

 ケーズの10%割引で、DVD-R購入。はじめてディスクにバックアップで、戸惑った。
 CD-Rのときのように簡単じゃない。ソフトを介してデータコピーなんだね。
 古くなってきたパソコン、外付けHDなどのデータが不安なので、ディスクにもコピーを作ろうと思う。

 パソコンコーナーを眺める。店員さんはわりと変化が見られるが、派遣なのだろうか。
 美人な店員さんに声をかけられるが、マスクはいただけないな。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-05-20 22:52 | 思うこと

一月応募は落選。

 またひとつ×印が増えた。
 今年は、もうひとつ応募してある。そこで駄目なら?
 考えたこともない。
 書き続けるのみだ。

 池井戸潤さんのインタビューにもあったけど、諦めたら終わりだ。まさにそのとおりだ。
 
 読んだ本。
 探偵ガリレオ     東野圭吾さん    お薦め度 ☆☆☆☆☆
 ドラマを先にみているので、その画像が目に浮かぶが、大体あの二人はああいう感じだ。
 理系の学がないと書けないものばかりの連作短編である。
 東野さんの作を読むのは二作目と、意外と少ない。
 文章は難しい表現など使わないわりとすらすら読める印象で、すっきりしている。感情をあまり盛り込まない作風なのだろうか。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-05-15 19:40 | 思うこと

しっかりしたカメラ。

 友人(というか、何かとお世話になっている方だが)の持っているカメラ、D300は改めてしっかりしたつくりの古さを感じさせないカメラだなあと思った。
 そうは言っても、私のよりは新しい世代のカメラであるが。キヤノンよりも、デザイン面でカッコイイと羨ましくなることはしばしばある。デザインが優れているということは、ある意味、機能美でもあるのだ。
 メカ的に惚れ惚れする面も多々あり、私のキヤノンがおもちゃに見えてしまうくらいだ。
 確かに重いし、大きい。携帯性に優れない一眼レフを互いに使っているが、それだから面白いという場面がいくつもある。
 あれに似合うのは、28mmや、50mm、85mm、などの大口径単焦点レンズだと思うので、ぜひ、徐々に揃えていって欲しい。

 私事だが、まだまだ機能を充分使いこなせていないのではないか。そう反省する。
 今までiso1600を上限に使ってきた。それ以上はあるだけで使うのを躊躇われた。
 しかし場合によっては、iso3200もつかえるのではないか、最近になってそう思うようになった。
 ノイズが多少乗っても味として活きる。ディテールを残してくれれば使える。
 もちろん、D300もiso3200を使っても問題ないだろう。

 最近の新製品は高感度を売りにしているが、それほど進化はないのかもしれない。たしかに、iso6400以上を可能にしているが、ノイズとともにディテールも損失していそうな気がする。
 すると、数年前の機種でもまだまだ現役で活躍できるとも思える。
 今使用の、30Dは6年を迎えるが、ピンピンしている。もう2年は使える。次の十年選手もそのあいだに考えたい。もちろん今の30Dは壊れるまで残したい。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-05-13 10:17 | 思うこと

ラスト。

 5月いっぱいで、今の長編を書き終えるつもりです。
 あと60枚くらい。全てが繋がらなければならない状況に追い込んだのは自分だが、終盤かなり苦しい状態が続いている。ギリギリの綱渡りの感じです。
 偶然が2つ以上あってはならない。そこに気をつけているのです。ありえっこねえだろ、では嫌なのです。
 張り巡らした伏線を丁寧にひとつずつ拾っていく作業。ああ、あれはこうだったのか、と思っていただきたいところを盛り込んでいく。ミステリーではないのですが。
 いろいろとメモしてきた話、単語、台詞を織り交ぜながら。

 読んだ本。
 鴨川ホルモー    万城目学さん    お薦め度 ☆☆☆☆
 何とも奇想天外。有りえるか、というギリギリの線を行っているから成功したのだろう。学ぶ点は多い。
 なんだろうと興味を引かれるのは前半の1/3くらいまで。ホルモーの戦いがわかってしまうと、ラストが大体見えてしまうので、気分がそがれる。しかし、人物の描き訳が話を盛り上げてくれる。ラストはあまり感動がないかもしれない。これはやはり、はじめの何が始まるのか、という怖いもの見たさに勝負をかけたのだろうか。
 読んでいてすっきり爽やかである。

 畑の草取り完了。
 作業はどうしても丁寧に綺麗になってしまう、性格なのか。
 ここ数日寒い。あったかいインスタントコーヒーが美味しいと思える日々。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-05-11 19:48 | 思うこと

蒲田行進曲

 BSで見た「蒲田行進曲」は、久々にいい映画だった。
 つかこうへいさんの舞台用の脚本で読んだ事がある。
 そのままというのすごい。映像化で、足されているところはあるが、イメージに変わりはない。

 読んだ本
 ラッシュ・ライフ         伊坂幸太郎さん  お薦め度 ☆☆☆☆
 バラバラのストーリーがだまし絵のように、最後に見事につながる、というコピーも頷ける。
 ああ、そうなるんだ、というのが途中からわかる。2/3までは愉しめる。
 どうも仕掛けは他にもありそう。つながっているようで、実は逆の時間軸を行っているような気もする。詳しく検証していないが、そこも狙いなのかもしれない。

 不動心

 尾関さんという和尚さんの書いたむかしのベストセラー。ちょびちょび読み進めている。
 不動心とは何か? それを読みやすくわかりやすい例で伝えている。サラリーマンの必読書といわれていた時代もあったような気がする。

 そういえば、写真を使わせて欲しいと連絡がありわかったことがある。
 3年前の舞台の再演が今夏あるらしい。
 どう換えてくるのか、とても楽しみだ。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-05-03 23:26