明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 暑いくらいの日差しの中行なわれた運動会。
 よくあの大雪が消えたものだ。
 父兄関係者の力によるところが大きいです。感謝。

 広報部ほか、保護者の役員も大勢いますね。
 ひとり先輩が混ざっておりました。カメラを振り回してグランド内で活躍してましたので、
 ちょっとしか挨拶できませんでした。
 
 知っている先生は校長くらいしかいませんでした。
 むかし学年主任をされていましたが、いまや校長とは。当時のあだ名は、ガンでした。(病気のガンではない)

 今の中学生も捨てたものじゃない。
 ムカデ競争で、1チームだけ大幅に遅れた。
 そしたら他チームの応援も皆、最後まで一緒に走ってくれていた。

 生徒の挨拶もあったが、
 「まだまだ、震災後とは呼べない地域がいっぱいある」
 そういう思いをかたるというのは、大人でもなかなかできない。
 まだ震災はおわっていないぞ。ごもっとも。
 政府も見習え、と語調を強くしたい運動会でした。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-30 19:27 | 思うこと

序破急の急なのに。

 序破急の急なのに、進めない。
 どうしたらラスト手前を面白く見せられるのか。
 広げた風呂敷を、どう閉じようか。
 悩んでいるここ数日。
 こういうときは、本を読むか、空でも眺めるしかないのだなあ。
 そうやって、薄ぼんやりと見えてきた。
 視点を変えよう。
 きっと明日から、書けるはずだ。

 悩んでいる時は、夜の夢にも出てくる。なんだこりゃあ、と言うような場面を夢の中で考えていた。
 
 読んだ本。
 親鸞  激動篇(上)   五木寛之さん    お薦め度 ☆☆☆☆☆
 以前の親鸞の続編。ようやく刊行となり、借りる順が回ってきた。
 いやあ、面白い。親鸞という人を知る上でも、物語としても楽しめる。のめり込んでしまう。
 作者はもう80近い年齢なのに、若々しい文章を書かれる。

 ミラーレスは興味あったが、カメラは使ってナンボ。
 持ち出さなければ意味がない。これを買えば、一眼の出番が減る。
 一眼を活かす方法を考えた方が良さそうだ。軽い X4にするとか。ズームを単にするとか。
 やはり一眼使った人は、ファインダーや、AFの速さを忘れられないだろう。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-22 19:53 | 思うこと

ほぼ予想通り。

 積もった雪が、手をかけない場所でいつごろ消えるか、予想していたが、
 ほぼ当たった。
 20日ころにはと思っていたら、土が見えている面積が8割を超えた。
 屋根から落ちた雪は、スコップで掘り起こした。
 その雪消しもほぼ完了。 

 ミラーレスカメラは、検討した結果、ニコンJ1が良さそうだ。
 対抗は、パナソニック、GF1、オリンパス、E-PL2。
 いずれも中古で見ている。
 ニコンが一番レンズが小さくてコンパクトだ。カバンにひょいっと入れられる。
 フォーサーズ系なら、パンケーキレンズ。
 買うかはわからない。
 あればいいな、という程度。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-20 18:52

まるで、トンネル掘り。

 家の周辺は雪が融けたが、
 裏の畑に通じる道が、もっこりたまっている。
 まるで、トンネルでも掘るようにしてスコップを動かす。
 掘り進まない。
 掘った雪を上に上げるのが又力がいる。腕の筋肉がつく。
 誰も回りにいないかと思ったら、近所で除雪機の音がした。
 皆早くけして、畑をしたいのだろうなあ。

 最近、ミラーレスのカメラが気になる。
 中古でみると、レンズ込みで3万くらいからある。
 コンデジより、ずっといいのではないだろうか。
 玩具っぽくなくて、カメラらしい機能が残っている機種とは、果たしてどれだろう。
 メカニカルシャッター、
 高感度、1600を使える、
 ダイヤル操作が好き、
 AFがある程度はやい、
 などが、拘りたいところ。
 スナップ用途に軽いのがいい。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-14 19:11
 タイトル戦は相変わらず、両者羽織袴姿ですね。
 そこで思うのだが、名人戦で太刀を帯びてきたら面白いのではないかと。
 銃刀法違反?
 それなら、中身は切れないものでもいい。軽いし苦にならないのでは。
 ぜひ、入室時にやってもらいたいものだ。

 なんておかしな発想をしたのは理由がある。
 
 読んだ本。
 剣客商売  浮沈    池波正太郎さん  お薦め度 ☆☆☆☆ 

 剣客商売、全16巻、読了。最初の作品から4年は経過したと思う。
 池波作品では、愛着のあるシリーズで読みやすい。ドラマのせいか、藤田まことさんや、小林綾子さんのイメージで読むと、これまたピッタリくる。

 他、読んだ本。
 ラットマン      道尾秀介さん    お薦め度 ☆☆☆☆
 わりかし単純な話なのだが、トリックを入れるのがさすが。描写も温かみがある。
 後味は、すっきりもしないが、悪くもない。のっぺりした感もあるが、読ませる力は初期からあったのですね。最近作を読むと、力をつけて成長しているのがわかります。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-12 21:40 | 思うこと
 身体というのは、少しでも怠けるとすぐ無駄な肉がつく。
 腹筋は毎日規則正しくやらないと駄目だな。
 大仰な回数をこなしているわけではない。
 1日、30回程度を毎日休みなく継続する。
 すると、ウエストが締まってくる。
 ジーンズもきつくならない。
 姿勢もよくなる。おなかも調子がよくなる。
 もちろん、見た目もわるくないだろう。
 とにかく、書くことと同じく毎日コツコツだ。今日たくさんやったから、明日はやらないでは駄目なのだ。

 カラージーンズも同じ990円だった。
 しかし、カラージーンズは同じウエストサイズで選んでも、スリムなんですね。
 股上が短い。腰パンってやつですな、いわゆる。に、近い。
 スリムフィットは、確かに脚を長く見せる。本当だ。嘆息なのに。ではない、短足なのに。
 きついのは、股間のあたり。
 今年は白系のカラージーンズが流行りなのか。

 というわけで、ウエストは維持、少し締りを見せたいところ。
 やることは、やはり腹筋運動に限る。
 努力なしで、若い身体維持は無い。

 少し髪を短くした。

 ショートヘアは個性的で好きだ。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-08 19:28 | 思うこと

若い年代との戦い。

若い年代との戦い。

 土日連戦で久しぶりに戦いの場へ行ってまいりました。
 結果はひとつ負け越し。
 まあ接戦に持ち込んでいけたので、内容は満足している。これを次につなげて結果を出したいと思う。
 今回は若い年代との戦いが少なかった。
 ひとりだけ、大学生と当たった。懐かしい。彼が中学生くらいの時、一度戦っている。彼も覚えていたようだ。
 来秋は、もっと若い人との戦いが増えるだろう。そんなに嫌ではない。
 小学生や中学生、高校生との戦いも何度も経験している。
 勝敗は、ほぼ五分五分だったような気がする。これはけして悪くはないほうだ。若い人は皆強いから。

 帰ってきて、この天気はなんだ。4月の気候ではない。

 読んだ本。
 逃亡くそたわけ  糸山秋子さん    お薦め度 ☆☆☆
 人質の朗読会   小川洋子さん         ☆☆☆☆☆
 剣客商売 15巻目 二十番斬り  池波正太郎さん  ☆☆☆

 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-04 19:33