明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フィッシュ ストーリー

 フィッシュ ストーリー 伊坂幸太郎さん。

 おなじみの作家ですが、これは短編集です。世の中にひそむ現実だけど、彼らしか味わえない、そんなストーリーが彼は得意なのだと思います。
 まるで、違う世界に入り込んだような。しかし、ファンタジーではない。そもそも、ファンタジーと言う分野が苦手だと自分でわかりました。
 だからライトノベル系も読みません。やはり等身大の人物でいて欲しい。そのなかで、ストーリーを面白くしていく。それが、伊坂さんの小説に色濃く現れていると思います。
 映画や、舞台も同じ。非現実を、そのまま使うよりも、現実世界の等身大のなかで、さあ面白くして見せよう。そういうものが好きだ。

 秋になり、カメラが活動し始めました。わたしは、人を撮るが好きだなと今更ながら気付きました。
 照れることなく、撮らせてください。とか、良いですね、そのヘアスタイルとか、声かけられるようになったかもしれない。ああ、失敗もしますけど、ある程度見極めてしまうと確立は上がります。合わないタイプはやはりあるものです。これは理屈ではない、なんともしょうがないもの。
 もちろん学歴をいうわけではないが、頭の良い女性と話すのは愉しいですね。愚痴っぽくならない。対人関係において、ある程度緊張を持っている人は話しやすいし会話も弾みます。冗談が上手いのも特徴ですね。
 この話題は、小説に使えそうだ。そうやって、この人のこと何らかの形で、エピソードに使えそうだなとかも後で考えたりします。誰なのか、わからないようになってしまいます。作者以外は。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-09-26 19:22

向日葵の咲かない夏。

向日葵の咲かない夏。道尾秀介さん。

 7月に読みました。今頃感想です。
 まず、昨年一番売れた小説らしいということは置いておいても、読んで損の無いです。
 どこが凄いのか。簡単に言うと、ぐいぐい読者を引き込んでおいて、さあラスト。ここで裏切られます。このようなことは、サスペンスではよくあることなんですが、この本の場合、なんだ、これは? というとんでもない方向へ吹っ飛ばされます。真面目に、ぶっ飛びます。気をつけてください。
 ネタバレになると、読む気が起きなくなるので、ネタバレはしません。今回に限り。
 それだけ、特異な流され方をします。読後感がどうのこうの、と言うレベルを超えています。こんなに見事に騙されると、スカッとします。いえ、スカッとしないラストではありますが。
 文章力の巧みな技に、抱かれるように読んでいけると思いますね。

 9月もなかばを過ぎ、書き掛けの2作目も、半分(250枚)越えました。マラソンで言う折り返し地点を回りまして、どうゴールを目指すかというところ。
 その段階で、次の作品の案が浮かぶ事がある。これが繋いでいくために、必要なものだと思う。2つ同時進行は無理なので(遅いのだ)、案はメモって置く。忘れやすいので、注意。
 いよいよ、来月末に応募作の発表がある。ドキドキするが、チャレンジャーは眠っていられないのだ。駄目なら次へ向おう。
 そういえば、小学2年の子に、宿題が多いときは、ああ、マラソンで半分終わった、後半分だから、楽だ。そう思え。と教えているのです。わかるのか、わからないのか。
 畑の草も雨の降るたびに増えますね。きれいにしておくと、気持ちいいものです。

 ニコンが、D7000という凄いカメラを出してきた。価格の割りに安い高性能。羨ましい。デザインもカッコイイぞ。
 キャノンは、40Dの中古が良品で4万円切りでお買い得感が増してきた。来春辺り欲しい。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-09-19 22:43
 カナダで女優賞おめでとうございます。吉田修一さん原作「悪人」の本も売れるかな。

 「我が隣人の犯罪」 宮部みゆきさん。おなじみの作家です。
 これはデビュー作を含む短編集です。
 活躍が目覚しい彼女ですが、初期の作品集と言うことで、初々しい感じがしますね。結構こった構成の話を作り出していた時期なのではないでしょうか。楽しめましたし、意外な一面が勉強になります。
 今なら書かないような、プロットが多く目立ちます。だからといって新鮮さがないとは言いません。今だからこそ、新鮮です。ファンの方は、一読をお薦めします。

 9月になり、今日から雨で一気に気温が下がり、やる気満々です。
 これからペースが上がりそうです。もう少しで、半分を書き終えるところです。一応の目安なのでなんともいえませんが、原稿用紙240枚くらい終わりそう。
 一気に後半をいきたい感じです。マラソンのような気分ですね。折り返し地点で元気がわいてくる、あの感じ。わくわく感も愉しみながら、後半を書き上げていきます。

 先週だったか、女だけの運動会、番組ありました。あれで刺激されたのが、上体反らし。
仰向けに寝て、ぐいっと上体を反らして、何センチか計る、あれです。
 実際に自分でやってみる。25センチ程度。正確な数値でなくて、すみません。
 60センチとか、あれって凄い数値だと、改めて実感。癖になりそうなので、更に伸びるように、続けて見ます。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-09-07 18:39