明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 出逢いました。
宮部みゆき「楽園」上下巻ですが、まだ上の途中。
 でも凄いね。引き込まれる。
 最初の数ページを過ぎると、もう虜状態。

 まず数年前に、模倣犯を読んだ人なら、ピンと来る。
あの続きじゃないけど、あの時の関係者が出る。
 上下で、1000ページの量なんだけど、良く書きますよ、と尊敬しちゃいます。
 こっちは、300ページまで書くのに、ひーひー言ってます。(膨張気味)

 特に難しい表現が出ないし、頭に入りやすい。
表現の勉強は少しだけど、人物描写、心情は細やかで参考なりますよ。
 一番は、破綻のないストーリー。読む人を楽しませている。
 これは、是非脚本書く方にも参考にして欲しい。自分が楽しむだけでなく、人を楽しませる事。
 人を幸せにする事。これを大事にする、作り手に出逢いたい。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-27 18:36

霧の果て。

 はて? 今週末は何か予定が入っていたような? 忙しい時期だし、延期かな。

 長編読みながら、短編も流して読んでます。
霧の果て。藤沢周平の同心物、短編連作です。
 まずまずの面白さ。
 主人公の関わる事件を連作の中に一つ通しながら、最後にいくという工夫がされていて、この作者ならではの、人物描写も細やかである。好感もてる人物像が浮き出されていくのは、気持ちがいい。
 不快感は皆無です。

 短編に纏め上げるのは、長編より難しい。
 なぜなら簡潔な表現で、読者に伝えなければいけないから。

 次は、剣客商売13冊目。と、平岩弓枝をと忙しい。人の仕草が一番勉強になる。
なぜかというと、昔は物が溢れていないから、ちょっとした動作ひとつにしても表現によって変える工夫がなされています。
 せっせとその表現力を盗みに掛かっています(笑い)

 松本清張生誕100年で、ドラマ映画化が多いが、何か読んでおこうと思うが、なかなか選びにくい。
何かお薦めはないものだろうか?
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-23 19:59

にぎやかな天地。

 にぎやかな天地。ようやく読み終わりました。
上下巻600ページ長かったですが、ひさしぶりに長編を愉しんだ感じです。
 ストーリーは複雑に入り組んでいますが、最後はなんとなく投げ出されたような感覚です。
悪いとは言わない。あと、読み手に任せるよ、と言うのに近いですが、そうなるとわたしは良い方へ展開を考えちゃいますね。
 
 こうもあっさり投げ出されると、どうしても初期の傑作が読みたくなるな。
それだから、再読はいっこうに納まらないのでしょう。
(そういうけど、本当は尊敬する大先生の作品です)

 風邪も熱より、喉に来たようで、一段落した感じです。三日間で、書きものも投げ出し、にぎやかな天地、下巻を読み続けたといっても過言ではない。まあ、だから早く読み終えたわけですが。

 卒業シーズンも終わり、春間近。待ちに待った季節とでも言いますか。

 きっと、そこから何かが始まるであろうから。
 明日から、書き物に力を入れよう。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-19 20:03

風邪の特効薬。

 早めに病院の薬を頂く。
これが一番かなと、大人になるとすぐ医院に行く癖が付いた。

 熱はたいして上がらないので、普通の風邪でしょう。
お休み期間もたまに必要かもしれないですね。
 というわけで、昨日から書くのをストップ。読書は続けています。
 書かないで居ると、あれもこれもと、新たなアイディアが浮かぶ。

 風邪の特効薬かは、別として、読み物に耽る時間が多い。
 漫画であったり、小説、あるいはカタログ類であったり。

 そういえば、DPPに傾き補正機能がついて、バージョンアップ。
これで、RAW現像がかなり楽になりました。
 それから、気付いたのは、画像100%表示が速く滑らかになりましたね。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-17 10:25 | 思うこと

筆が、弾みます?

 3月に入ってから、1日4ページに増えた物書き。
全体の半分以上終わり、5月には応募できる可能性。
さて、何処に応募するのか。その辺に疎いので、下調べもままならない状態。
 小説の応募というのは、まるで未経験。
 だが、とにかく、やらねば始まらない。

 176ページまで進み、のこり100ページくらいか? ラストに進むと早くなるが、雑にならないように気をつけねば。

 あとは、矛盾点を消していく。独りよがりな文章、ストーリーになっていないか。
これがあると、誰もが読んで面白いとは思えない。

 最近のドラマでは、NHKハイビジョンの「蒼穹の昴」が面白い。中国の王朝物だが、貧乏から這い上がる少年を軸にしているのが面白い。浅田次郎さんの傑作である。
 小説はなれない時代で読むのに難儀したが、ドラマのつくりは最高という珍しいケース。
 お薦めです。全25回のうち、8回終わり、今日は9回です。土曜夜10時より。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-13 22:59 | 思うこと
 この時期、卒業ソングが聞きたくなりませんか?
訊きたいけど、めっぽう弱いのです。うるうるきそうで。涙もろいのです。

 定番中の定番から。
ユーミン「卒業写真」
  大人になってから、振り返るのにもってこいの曲。なんとも歌詞が、そのままだもん。
  あのころのいきかたを~~ あなたはわすれないで~~

ユーミン「瞳を閉じて」
  ある島の学校の校歌になった唄。 こういうの普段体験できないから、聞くとジンと来ちゃいます。

尾崎豊「卒業」
  歌詞が、もうすこし穏やかならば~~。と今なら思う。

海援隊「贈る言葉」
  三年B組~~じゃなかったです。たしか、D組だったかな。これも大人にならんと、歌詞がしっくり理解できないであろう。ある意味、厳しさもこめられた唄。愛の厳しさと言うか、武田節満載。

H2O「思い出がいっぱい」
  卒業に限らず、若者の特権みたいな歌詞が多くちりばめられている。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-09 19:27 | 思うこと

肩が上がらん~。

 右腕の肩を上げるのが辛い、この三日間。
冬は、固まってるからな。腕立て伏せが出来ないのが、辛い。

 グランドフィナーレ(阿部和重)を読む。
入りにくい序盤に比べ、中盤からガラリと変わる。最後の最後も、どうなるのか読者にゆだねているのだが、希望がある終わりに近い。
 これは救いある。
 数年前の芥川賞受賞作。心理描写が綿密であるが、物語はう~む。

 アカデミー授賞式を見る。
 「おっぱいバレー」とは、また凄いタイトルを付けたものだと、驚く。
 ユーモアがあって、何とも素晴らしいタイトルじゃないか。
 
 日本映画も、こんな遊び心がもっと欲しい。
 真面目か、ふざけすぎか、
しかないとこに、ユーモアという欧米文化がまだまだ少ない、日本国。

 男優、女優陣で注目は、
松たか子さん、
香川照之さん、
余貴美子さん、でありました。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-06 10:09 | 思うこと
 kiss X4新登場早いですね。
初めて買う方には、数年前と比べかなりお買い得な機能満載と思います。
 初級機と思えない、てんこ盛り状態。

 他社ライバルが居ないくらいだと思う。
キヤノン同士なら、50Dが肉迫。ボディのみなら、50Dを選びたい。
しかし、いかんせん、X4のWズームレンズkissX4キットは、お買い得感が強い。

 他のレンズを欲しいとか以外なら、断然Wズームは買い。

 もっと予算があるなら、7Dが最高であろう。アマチュアとしての話だけども。

 kissX4 ボディ     80,000円
       レンズキット 90,000円
       Wズーム  116.000円
 50D  ボディ     88.000円
 7D    ボディ    125,000円

kissX3 Wズーム   70.000円(安い!)

 kissX3なら、昨年モデルだが、3~4.5万安く手に入る。
 どちらかといえば、動画を気にしないなら、このX3がお薦めであります。

 kissX4 も1年も待てば、あっという間に値落ち。
 その前に、いつ有るかは不明だが、1万前後のキャッシュバックキャンペーンも、いずれ始まる事でしょう。
 その時期もお買い得期間と思います。

 または、中古で40Dや、50Dの中級機もかなりお買い得ですね。中古も悪くないと見る。

 新品、中古限らず、買ったらぜひメーカーにピント調整をお願いしておくと、あとあと楽でありますよ。

 わたしは、当分買わないが、今度は、中古の50Dとか狙いたいと思っています。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-04 13:34 | 思うこと