明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

カテゴリ:未分類( 162 )

今日のご飯。

 今日のご飯、おかずは、焼きネギに味噌です。

 昨年は収穫が少なかった長ネギですが、今年は豊作でした。

 スーパーで買うと一本50円。

 ひとりあたり2本焼いて、味噌を付けて食べます。焼き鳥のネギ部分だけ、という感じですね。
 美味いですよ。長ネギはいろいろつかえます。これからの季節、掘る予定の里芋と煮たり、刻んで薬味に使ったりできます。
 風邪予防という意味でも、ネギ焼きはよく食べます。

 大根の葉と、豆腐の炒め物もこの時期お薦め。ニラと卵の炒め物もグッド。
 ビールは偶に飲むと効きますね。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-09-23 20:06

困ったような眉が好き。

 トレンドなのでしょうか。他の影響というより、元から自分がそうなのですが。
 困ったような下がり眉が好きです。

 花子とアンも、残すところあと一週間。学生時代が一番印象的ですねえ。その後は兄弟姉妹のゴタゴタもあり、見応えありましたが、戦中戦後はバタバタして終わりそうで少し心配です。

 赤毛のアン、ようやく借りました。なんと500ページ超えですねえ。外国文学の常で、なかなか読み進みませんでした。三章辺りから次第に速度が増してきます。
 台詞が圧倒的に多い。台本か?と思ってしまうくらいに。想像の世界が多くて、そこについて行くのがやっと。~かしら。そうに違いないわ。など、思い込みの台詞がこれでもかと登場して、お腹いっぱい。
 民族性の違いも大きいですね。しかし、つまらないというわけではありません。どうなるかと、引っ張っていく場面も満載です。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-09-20 19:27

人のため。

 視聴率の悪いドラマふたつが、人のため、というサブタイトルを付けてきました。
 この世の中で、あるわけないだろ、的な感覚が強い現代で、負けてるテレビのさらに負けてるドラマが、やってきたなあという思いで見ました。

 むかし、今みたいにネットもスマホもない時代、
 裏番組がとてつもなく強くて到底敵いっこない、という番組が、
 うちは、負けてもいいからいいものをつくろうじゃないか。と言っていたのを思い出しましたね。


 親父の背中、シリーズも終わりました。
 北別府さん、どうぞ。もなかなか面白かったです。ありえねえ、と突っ込みを入れながら、あなた何やってるんですか!と激しく追求してました。それが作者の狙いかもしれません。まんまとはまりました。

 見たのは、毎週ではありません。半分くらいですか。
 印象的なのは、初回の松たか子さん、田村正和さん主演の回です。
 次点は、大泉洋さん主演の回です。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-09-14 23:20
 提灯に火がついていません。そして、少し小振りだそうです。
d0134098_22291894.jpg


 竿を下ろしたところ。
d0134098_22285272.jpg


 当日、面白い場面に出会しました。話のなかでいつか使いたいため、ここではお伝えしません。いえるのは、警察官と市役所か商工会議所のあれ?と思う関係です。悪いことではありません。クスッと笑えることです。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-09-09 22:29

新ヒーロー誕生の予感。

 糸谷哲朗六段が竜王挑戦を決めましたね。
 棋界は久しぶりの新ヒーロー誕生の予感で沸いていますね。

 おっと、テニス界でも新ヒーロー誕生なるか、で沸いていますね。
 テニスを知らない人まで一緒くたになって騒ぐのが日本人の悪い癖。いいときならまだしも、悪いときでも一斉に騒いで、一人を徹底的にたたきのめす。どうしてこうなんでしょう? そういう人は、心が病んでいるのでしょうか。
 騒いで、一時の熱が冷めると、もう何の興味もなかったように忘れている。

 そんな世界に関係なく、錦織くんも頑張ってください。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-09-08 22:02
 このところ体調不良かなと思うような鼻水が。
 風邪薬飲んだら、治ったみたいです。
 そのまま草刈り二時間。
 なんだかもう、ホットコーヒーが美味しい季節になりましたね。貧乏なので安物インスタントで満足です。
 うちが草刈りをしてきれいにすると、周囲もきれいに草刈りをはじめるのは、どうも不思議です。でも、そういうのって素敵です。言葉にしないで、伝わるようなことって、とげとげしくならなくていいですね。

 8月終えて、2/3書き上がりました。残り1/3です。もうこの時期になると、どう終わるのかゴールまでの内容は決まっています。ことしも、なんとか500枚書き上げることができそうです。毎年やっていますが、しんどいと思うのはごくたまにですかね。アイディアはひねり出すものです。苦しいからひねり出せるのです。
 さて、あと3ヶ月、書き上げて、来年に繫げるぞ!

 夏バテから脱出するには、とにかく目指すものを頑張ることです。
 夢とか希望って、涙が出てくるものです。どうでもいいとか、しょうがないとかで濁したら、あとにはきっと溜息しか出ない気がします。

 夏の来客は、また面白い材料、ちょっとしたネタ、キャラの裏話などつかえそうなものを少し運んでくれたようです。とにかく何でも吸収していきます。人間って、面白いものだから。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-30 22:59

野菜中心です。

 うちの食事、野菜中心です。畑があるから。買わなくてもいい食材なので、肉魚よりずっとずっと多いです。

 たぶんうちに来たら、もっと肉とかでないのかねえ、と思うはずです。
 まあ、肉など油もとらないと贅肉は落ちないんですよね。燃焼しないから。だから、まるっきり食べないわけではありません。普通の家より、え?と思うくらい少ないというだけの話です。

 そのうえ、お盆やお祭りなどの物日には食べる量がガッタリ減ります。その理由は、お客様が中心なので、家の人はあまり食べない、というか、気遣いして食が細るのです。
 そういう家庭ありませんか?

 いやあ、まじめに、昨日、一昨日の夜なんかの例でいいますと、ご飯のほか、キュウリの漬け物しか食ってないです。あと、枝豆、ナス漬け、ミニトマト。
 
 いっぱい食べていくお客さんは、何かとものを持参してきます。だから、物々交換みたいなものなのでしょうね。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-26 19:55

まつりだ!

d0134098_22232012.jpg

 初日、宵祭り、

d0134098_2223475.jpg

 二日目、本祭り。

 暑さほどほど、雨にも降られず、いい塩梅の風が汗を冷やしてくれましたね。

 後は、一歩一歩秋へと向かいます。

 ごきげんよう、さようなら。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-25 22:25
 ゆっくり読む本、テンポよく読み進む本。

 実験ではありません。

 ゆっくり読む本。代表格は、小川洋子さん。この方の本は当たり外れがないです。
 読むのが辛くて途中で投げ出した本は今までないです。
 ただ、どうしてもスローなスピードになります。よく噛まないと食べられない食品のように。

 テンポよく読み進む本。代表格は、池井戸潤さん。こくがあるのに切れがある、どっかできいたような。
 
 ちょうどこのふたりの作品を同時に借りてしまったのです。
 

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-18 22:43

嫌われる覚悟がないと。

 嫌われる覚悟がないと、ものはつくれないだろう。
 皆にいい顔をしたいなら、ものはつくれないだろう。
 そういう物作りが見たいと思います。

 だけど、いいねいいね、がんばってるね、すごいね、なども必要だろう。
 そこにいる以上は、盛り上げていく必要性もあるだろう。会社やグループもそう。盛り上げていく、いまある力をさらに発展させるための言葉。そして、それがとても重要だったりします。要はやる気にさせる力です。

 ああ、この矛盾よ。
 この役割は分担でいこう。それで、万事解決。となればいいのですが、どうなることやら。

 エアコン要らない八月も珍しいです。今年の八月は雨多しです。
 昨年までは2週間も降らず、からからの土埃が立ってましたからね。

 重松清さんの「ゼツメツ少年」を読みました。
 なかなか面白かったのですが、ラストが気に入りません。
 あれで委員会。小中高生の自殺を扱うのは難しいですね。
 ですが、概ね賛成の流れではありました。いい言葉も散らばっていました。
 再来年、そういった世代のいじめ、自殺を扱えるだろうか。違ったやり方で、取り組んでみたいです。
 これと決まった特効薬はないのですから。

[PR]
by kaseno-sanpo | 2014-08-16 19:50