明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

2013年 02月 11日 ( 1 )

 雪まつりとは、雪投げ(除雪作業)の日に思えてくる。

 2月に入ってからの積雪で、大雪かどうかの判断が分かれるらしい。
 午前に雪を片付けて、午後から久々に床屋へ。
 
 歩道には間隔を空けて、融雪溝の金網の蓋がある。
 そこだけ、きれいに掘られて凹んだ状態。
 当然ながら、降りて上って、繰り返し。
 床屋につくまで、除雪作業の民家の人とすれ違うこと数人。
 蓋が開いているところは、気をつけて歩かないと、
 東京の人のように、ステーンとなってしまうのだ。

 待った待った、2時間くらい待たされて、結局床屋に4時間もいた。
 週刊誌を読みながら、ときおりロングブレス。
 となりの煙草をふかしたおっちゃんの煙を撃退してやった。

 帰るころは真っ暗。
 例の歩道で、穴にはまり、二回ほど転んだ。ガオー。
 自分の家の前の歩道くらい、きれいに除雪せんかー。
 
 しかし、この雪を見ると、どこもいっぱいいっぱいという感がある。
 その中で、どう適切に雪を片付けるか。(もちろんお金をなるたけかけないで)
 除雪のトラブルもよくあるらしい。
 それも、田舎より街に近いほど顕著であるという。
 追いやる場所がないからだ。
 
 融雪溝にまた水が来ない。流れない。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-02-11 13:44 | 思うこと