明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

残り330枚、少し息切れ。

 1/3が終わったばかり。もうそこまで書いたの? という気持ちもあります。それは下手なことで書き散らかしていないかという不安です。内容を伴っているのかという怖さです。
 まだ、と、もう、が混在しています。
 そろそろ、大丈夫なのか? そもそも終われるのか? という震えがくることでしょう。毎年ながら覚悟しています。ひとりでやるというのは、その震えに打ち勝つことでもありますね。
 
 とにかく後残り、330枚走りきるしかないでしょう。他から様々な刺激を受けながら。

 先日、高校演劇を見てきました。毎年、2校、三年引退公演みたいなものを見に行くのですが、今年は1校だけ。
 会場で、幻野さんの2人と会いました。他にも居たかもしれません。
 もう一方、知り合いに声をかけられました。
 数年振りでした。キッズシアターさんに参加された子のお母さんでした。
「うちの子出るから、みてね」
「え? そうなんですか」
 張り切って、ビデオ撮影のようです。
 パンフをみると、確かに役をもらっていました。
 キッズシアターさん出身で、高校演劇部入った方、見知っているかぎりでは過去3人ですかね。
 もっといるのかな? 地元の2校しかわかりません。
 
 高校演劇部、大して面白いは思わないです。台本、演技など、いかにも高校演劇らしいものばかりです。どこか縛りを感じてしまいます。自由さがないのでしょうか。こうでなきゃ、という裏が見えてしまいます。
 だけど、見に行きます。
 なんででしょう。 眠りにいくわけじゃないんです。
 大人にないモノを見に行きます。大人がすっかり忘れたものを見に行きます。
 義務っぽくないんですよね、大人と違って。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-06-09 22:49 | 思うこと