明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

大越キャスターがよかったな。

 21時のニュース、大越キャスターのほうがよかったです。
 ごつい顔の割に愛嬌があったような気がします。しゃべりも好きでした。
 何で代わっちゃったんでしょうね。

 人に渡すものを終えて、本格的に自分のために頑張ることに一本しぼられた感じです。
 きちんと最後まで(11月末)書けそうな気もしますし、けっこう苦しみそうな気もします。
 これしかない、というのはやはり強いなと思うのです。
 だって、戻って、消して、書き直して、仕上げられるんですから。
 いまのところ、遅れてもいないし、進みすぎてもいません。ペースを保てています。
 
 伊坂幸太郎さんの「マリアビートル」読み終わりました。
 おおー、何だかスカッとした気分です。悪い奴倒しちゃえ-、というかんじです。淡々と。しぶとく。
 小説はそういう方が合ってます。読むほうはね。
 見るほうは、必ずしもそうではないのかもしれません。あくまでも激しく、わかりやすく、難しい言葉をつかわない。そして、想定しないラストに客を引っ張っていければと思っています。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2015-04-03 20:03 | 思うこと