明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

友罪。

友罪。 薬丸岳さん   お薦め度 ☆☆☆☆☆

 523ページ。長い! この作者は少年犯罪をテーマにする事が多いですね。
 今回も過去に苦しむ二十代後半の3人を軸に物語が進みます。推理は特になし。心情の変化を追っていく形で、どう終るのかな、と考える感じです。
 それぞれの過去は、どうもよくある例で、大きいんだけど特別なものとは言い難いです。または、実際に起きた大事件を真似していますし、その辺は興ざめしますが、まとまりはいい作品です。
 ラスト付近20ページは泣きます。いや、久しぶりに本読んで泣きました。号泣ではなく、涙が滲む程度ですが。
 罪を償う形って何なのでしょうね。親友って何なのでしょうね。

 今年書く予定の500枚は、先週土曜で終わりました。まずまずのラストを書けました。
 これから、3月応募の校正1回目、開始。
 昨年書いたものの掘り起こしです。よく1年間、寝ていてくれましたね。
 約9ヶ月ぶりに目を通します。変な表現箇所、文章を直していく作業。
 普通1月からやっていたから、少し早めですがうまく進むのだろうか。
 不安がない、だなんて、振りだよ、振り。やるっきゃない。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-12-09 19:45 | 思うこと