明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

太らない身体をつくる。

 いちど、標準体重より10キロほどオーバーした経験がある。
 だから言えること。

 まず、目指すは標準体重。これをやらなければ、始まらない。
 わたしの場合、約10キロを2年で落としたが、危険だ。

 気をつけなければいけないこと。

 1、体力も落ちる。
 1、伴って、免疫力も落ちる。

 この2つで、ひどいことになる場合もある。つまり、病気にかかったとき、治りにくい。注意が必要だ。

 リバウンドは、

 10キロ落ちて、4キロ戻る経験あり。
 いまは、きっちり返ししたのだが。

 標準体重になったら、そこから500グラムくらい落として余裕を持たせておこう。

 太らない身体をつくることを、心がけたい。

 歩ける人は、とことん歩こう。

 あとは、体重を維持する。

 簡単に出来ることを紹介する。

 1、夜、入浴後~寝る前に、軽い運動をやる。
   前屈ストレッチがいいだろう。
   座って、足を前に伸ばして。前屈し、腹部を足モモにつける。手は脚の爪先を掴む感じで。
   べったり身体を前に折れるといいが、なかなかつかない。
   1日、100回(はじめは、50回から伸ばしていこう)

 1、筋力アップで、腕立て伏せ 50回。

 たったこれだけ。三分~五分あれば終わる。
 ただし、毎晩やる。

 夜の軽い運動をやった翌朝と、やらなかった翌朝は 体重が違うはず。夜寝ているあいだに、消耗しているようだ。

 背筋はできるだけ伸ばした姿勢で。 

 ロングブレスもかなり有効だった。併用はお勧め。

 首や顎が気になるたるみは、頷き、と真上を向いて、「にいい」と発音する口の形で5秒キープ。

 何も難しいことはしていない。
 ダイエットの神様が降りて来るか、降りてこないかは自分次第。
 思い立ったら、即行動。

 やせて、同時に筋力をつけておこう。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2013-09-25 19:43 | 思うこと