明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

最終日の人出。

 まつり最終日、ようやく街まで出かけた。
 最終日にしてはかなりの人出だ。日曜だからか。

 今年の流行は、ドラえもんの抱っこできるビニール人形か。持っている子が数名いた。
 最終日の午後は、食べ物は売れないな。暑いから飲み物だけ、買い求める客が並ぶ。しかし、高い。だからなのか、屋台店で買うのは中高生、小さい子供づれのママだけ。大人は自販機に向う傾向が強い。

 うちの町内は、賞を逃した。賞を取った3町内のは、やはり輝いている。

 しかし、お盆が過ぎてから、暑さが増してきた感じがする。熱帯夜だ。

 おまつり写真は一枚も撮らず。
 アマカメラマンたちは大勢いた。彼らの愛機で目の保養になったのは、ニコンの1桁機。おそらく、D3だと思う。縦グリップ一体式に、大口径レンズは迫力ある。きれいな娘(こ)を見つけたように、しびれる。
 ほか、大抵はcanon kiss か、ニコンD3100クラスだ。
 とにかく、まつり写真は撮らなかった。今年は撮る気もしなかった。

 その代わりといっては何だが、あじさい写真コンテスト、一応入賞をとった。
 ことしは、参加者多かったなあ。50名近い数。
 そのなかで、応募者が40名弱。入賞以上が20名だから、約半分の方が落ちているのか。
 毎年入賞どまりだ。大賞や、特選、準特選には届かない。
 今年の入賞者は、市外、県外が六割と多いのが特徴。地元の役員は応募していないのかもしれない。

 駅に飾るそうだから、暇な方は見てくださいませ。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-08-26 22:22 | 思うこと