明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

正義を見誤るとどうなるか。

 中学生自殺事件の報道が生々しい。
 黙祷も捧げず、本題に入ったとか。精神的に相当破綻しているようにも思える行動。

 正義を見誤っているのではないだろうか。
 しかし、教職員とはいえ人間である。
 人を育てる、関わるというのは、並大抵の苦労ではないはずだ。
 職場にもかなりのストレスがあるではないだろうか。
 どこまでがやるべき仕事で、どこからしなくていいのか、線引きも難しい。
 
 もっと腹が立つのは、教育委員会様。まるで威張っているように見えるから不思議だ。
 天下りしたような年代が揃っている。その人たちがやるべきことは、もっと別の仕事ではないだろうか。
 発言を訂正するくらいなら、最初からそう認めたほうがよかった。
 戦国時代なら、首がちょんぎられているよ。トップが弱くなった。それは責任の取り方に顕れている。

 救急車が出動しなかった事件も、市長は強気な発言だった。あれもいずれ、逆転するように思える。
 救急車は先ずは出動すべきだと思う。そこで判断を下しても遅くはないのではないか。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-07-13 20:07 | 思うこと