明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

序破急の急なのに。

 序破急の急なのに、進めない。
 どうしたらラスト手前を面白く見せられるのか。
 広げた風呂敷を、どう閉じようか。
 悩んでいるここ数日。
 こういうときは、本を読むか、空でも眺めるしかないのだなあ。
 そうやって、薄ぼんやりと見えてきた。
 視点を変えよう。
 きっと明日から、書けるはずだ。

 悩んでいる時は、夜の夢にも出てくる。なんだこりゃあ、と言うような場面を夢の中で考えていた。
 
 読んだ本。
 親鸞  激動篇(上)   五木寛之さん    お薦め度 ☆☆☆☆☆
 以前の親鸞の続編。ようやく刊行となり、借りる順が回ってきた。
 いやあ、面白い。親鸞という人を知る上でも、物語としても楽しめる。のめり込んでしまう。
 作者はもう80近い年齢なのに、若々しい文章を書かれる。

 ミラーレスは興味あったが、カメラは使ってナンボ。
 持ち出さなければ意味がない。これを買えば、一眼の出番が減る。
 一眼を活かす方法を考えた方が良さそうだ。軽い X4にするとか。ズームを単にするとか。
 やはり一眼使った人は、ファインダーや、AFの速さを忘れられないだろう。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-04-22 19:53 | 思うこと