明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

解放感は一時だけ。

 ああ、今日は応募原稿を郵送してきた。
 1月から2ヶ月半で、2つの応募作業を終えた。
 
 原稿用紙500枚の作を2つ、読み直して校正するのはかなりしんどい作業でした。
 あらたに書いているほうがまだ楽かもしれない。

 年に500枚の新作を2つ書くのが精一杯だな。
 なんだかんだと、校正直し期間に取られるし、実際は1.5作かな。
 それでも、次々書いて応募しなければならないのだ。頑張る!

 そのぶん中途になっている作もあるのだが。
 すぐかかるのは、空きすぎて無理も知れない、と思ったが、やはり案の定そうでした。
 そこで、最初から読み直しながら校正を兼ねようと思う。
 何を書きたかったのか、案やメモを書き綴ったファイルに目を通す。
 感覚が戻るまでしんどい。登場人物が、自分に入ってくるまでかかりそうだ。

 読んだ本。
 県庁おもてなし課    有川浩さん          お薦め度 ☆☆☆☆☆

 これ借りるの予約してから、忘れた頃(2ヶ月先)に整いました、と連絡あり。なんだよ、それ。
 ってくらい予約まちでした。ちなみに、後ろに4人も待っている人が居る。早く返さなくては。

 公務員は読んだほうがいい。だけど、辞めてもいけないよ公務員を。
 その中で光を探して欲しい。そんな涙と笑いのたくさん詰まったお話です。もちろん恋もダブルでつまってます。

 けんど、光はある。

 良い文章がありました。この一文につきます。これだけで、読む価値が有り。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-03-16 19:15 | 思うこと