明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

眠れぬ夜。

 たとえ君が目の前に~ と歌いたくなるようなタイトルで、紛らわしい。

 というわけで、写真整理は小田和正を歌いながら長時間作業でした。

 昨夜はどうも眠れなかった。土曜からだけど。
 帰りに貰ったチオビタドリンクを、夜に飲んだら目がさえて困った。疲れているのに眠れないのは、まずい。
 栄養ドリンクなんて何年ぶりだろう。
 昔は夜10時過ぎまで残業とかで、ドリンクのお世話になりながら、疲れを誤魔化していたものだが。
 あのころの体力、いや、気力が懐かしい。

 写真整理に追われています。370枚あった。7時間くらいだな。
 ピントチェックして、残ったものから、トキメクものを絞っていく。延々とやる。目薬は必需品。
 明日で終わりそう。
 とりあえず、頼まれ物を仕上げないと、自分の作業に掛かれない。これは仕事の時もそうだったなあ。
 どりゃああ、と頼まれ物を仕上げる。それ終わったら、自分の仕事。どりゃああ、とやる。

 高校生諸君のパワーはすごい。羨ましいほど。やりたいことがある、って表情だ。いい顔している。

 写真展示作業ありがとうございました。


 読んだ本。

 黄色い目の魚。   佐藤多佳子さん    お薦め度  ☆☆☆

 短編を連作した作品集。タイトルの作だけが格別に好き。他は無理に書いた感じ。
 生き難い女子中学生を描いたタイトル作。
 しゃべれども、しゃべれども。と違った、児童文学っぽい。
 黄色い目の魚、だけなら、お薦め度 五つ星なんだけどな。
 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2012-02-06 22:31 | 思うこと