明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

こんまり流の良いところ。

 こんまり流の収納法、みんなが全てを取り入れて成功するとは思わなくてもいいのではないだろうか。
 自分に合うところだけを、上手に取り入れよう。

 あのなかで、わたしも考え方として見習いたい、取り入れよう、合いそうだ、と思ったのは、
「ときめかないものは捨てる」
 というスタイルです。

 これだけでも、かなり参考になりました。写真整理術に使っています。

 春にナナオのモニター(整備中古品)に変えたおかげで、色の狂いが激減した。
 写真は渡したし、あと年内は広報用の整理だけ。写真展用のプリントをまた頼まれた。これも、15枚プリントしなければ。う~ん、1月末応募の作品間に合うだろうか。次が、3月応募か。他からの頼まれごとに頑張っているのもいいが、自分のこと後手に回ってるようじゃ、駄目だな。
 情熱、情熱、情熱を傾けよう。

 読んだ本。
 ピース      樋口有介さん。     おすすめ度 ☆☆☆☆

 アマゾン書評では低評価でしたが、それは多分ラストだと思う。
 ピースの謎、動機など最後までわからない。伏線が多く騙されがちだが、重要項目もばら撒いているから、うっかりできない。謎が、なんだそんなことか、という具合なのも不評を買ったようだ。でも人物描写はしっかりしているし、よく練られている。
 ラストはすっきりしない、ハリウッド映画のような終わり方。想像するしかないのか。
 もう少し別の解決を期待していたのかもしれない。
 あと、好みの問題だが、警察が謎解き側って苦手かも。今回は方言とか癖のある警察で、なかなか面白いがそれでも、警察の視点は読みにくいかも。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2011-12-04 18:51 | 思うこと