明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

一晩で、こんなに熱が下がるのか。

 夜から内科で処方された薬を服用しただけなのに、一晩で熱が引けた。
 昼ころまで微熱はあったが、月曜日とは天地の差。たかが体温、1.5℃差と侮るなかれ。
 内科にかかったのは、ほんと数年ぶりでした。風邪で行くと、耳が遠くなり、看護婦さんの声が聞きづらいのが困りものです。
 後なんでしょうか。病院って、具合の悪い時行くので、こっちが平常ではないのがちょっと悔しい。ん、何がって。元気に挨拶できないのが。元気じゃないから、行くんだろうが、という突っ込みは抜きにして。
 そういえば、病院で昔お世話になった方に合った。病院で合う、というのは何となく気まずいものですね。

 風邪のせいで、写真整理が片付いた。520枚を80枚に。なかなかいい納まり具合です。
 これ、パソコンのCPUがもっとよければ、何倍早いんだろうか。
 約9時間かかった。100%表示が時間かかりすぎ。
 来年当たり、ウインドウズ8とあわせて、買い換える予定。

 熱は下がってきたが、眼の酷使で眼から熱が発生。首から肩の筋肉にもグググーっとくる。
 今年の撮影の反省点は、思ったよりも撮れている。
 トリミングも周囲を僅かにカッとする程度で、まあまあ。(今までよりいい)
 写真整理も、わりあい早めに終わった。
 整理術は、ときめかない物は捨てる。

 読んだ本。
 葬列        小川勝巳さん。   おすすめ度 ☆☆☆☆
 小川さんのデビュー作。
 最初は、とっかかりにくい。全体の1/3過ぎた辺りから面白くなる。スピーディーで、描写力も優れている。
 視点者の数が、かなり多く、今誰の視点だっけ? と考えてしまう。
 謎が最後までわからない、どんでん返し。
 しかし、ラスト前で、実はこうだった、とかいう事実が多すぎて、いまいち。
 話は面白いと思う。ヤクザ、素人強盗、借金抱えた主婦、結婚に失敗した主婦。
 友達が欲しかった二十代前半の女性。この人を描きたかったのだと思えた。その箇所で、数ページ泣けた。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2011-11-22 20:19 | 思うこと