明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

甥っ子は、大道具係りにかなり興味津々。

 甥っ子は、大道具係りにかなり興味津々でしたよ。

 昨日は練習にお邪魔させていただき、ありがとうございました。ほぼ半年から一年ぶりに合うような方ばかり。新しい方も見受けられましたね。
 今年も、皆様にはお世話になります。よろしくお願いします。

 おお、そういえば、主宰も来ておられた。やっぱり主宰には、練習をどんどん見て欲しいと思うのです。

 甥っ子は、大道具系が見てて面白かったようです。板に釘打ちとか、台を組み上げていく様子とか。
 では、来年はやってみるか、と訊くと、
 「無理でしょう、重たくて」という。
 まあ、なんでも興味を示すのは良いことだと思う。どうでもいい、なんてことはないのだから。

 そういえば、今回の作品内容で、いいところをまた一つ見つけた。そういう、いいとこ探しも大事であり、彼らにとって刺激になるだろうと思えた。

 先日浮かんだ案は、結局頭の中で膨らんでいく。やはり結論から言えば、脚本で書くだろう。
 使われることのない書き物。それを、私は無駄とは思わない。合間に時間を掛けて熟成していこうと思う。
 今から楽しみだ。

 反面、書いてすぐ具現化できる彼らのやり方も、一つの素晴らしい勉強方法だと思う。
 発表できる場を作った、主宰の力はすごい。失礼ながらも、私が勝手にライバル視させてもらっている。どうもすみません。

 三脚のレバーロック修理が、早々に帰ってきた。さすが、ベルボンさん。
 安くて早い、いい仕事してますね。充分期間まで間に合いました。ありがとうございます。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2011-11-13 10:07 | 思うこと