明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

議員の責任の取り方について思う。

 今回、また某大臣が辞任されました。
 しかし、本当に痛いのだろうか。
 責任を取るなら、国会議員を辞職するくらいでなければいけないと思います。
 大臣辞めたって、痛くも痒くもないのではないか。
 民間の会社ならどうなるだろうか?
 また昔なら、切腹を覚悟しなければと色々考える。いや、松の廊下でバッサリ斬られてもおかしくはないのではないだろうか。
 どうも今回の事件で、忠臣蔵を思い浮かべてしまった。吉良はのうのうと生きている。これでよいものか。いずれくるであろう、討ち入りを覚悟した方がいいものかと思いました。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2011-07-07 20:24 | 思うこと