明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

いい大人が辞書を買う。

 大人になると辞典、辞書の類は買わない事が多いですね。
 どうしても、国語辞典が欲しくて久しぶりに奮発しました。広辞苑とかは高いので、普通の国語辞典を。
 文章を書くとき調べるのに、いちいちネット辞書を利用しておりましたが、手元で読んで調べられるのはやはりいいものです。まさか、大人になってから国語辞典を買うとは思いもしませんでした。書店で眺めると10種類くらい、同価格帯にあるので驚きました。
 国語辞典に詳しい店員さんを呼んでもらい、聞きましたが、売れ筋くらいしかわからない回答。まあ、そういうものでしょう。とにかく礼を言って、結局売れ筋ナンバーワンではないほうを買いました。
 机に国語辞典があるって、いいものです。
 すぐ手元に引き寄せて、ぱらぱらめくる。間違いや、意味がズバリわかる。とにかく使い倒そうと思います。お勧めとかではないので、何を購入したかは控えておきます。3000円前後クラスです。

 読んだ本
 1Q84 BOOK2  村上春樹さん。
 これって、一度は2巻目で終わったんですよね? そう考えると、すごい期待を持たせた終わり方に感じました。時を置いて、3冊目を借りれたらなと思います。

 小川の辺 映画になりましたが、ぜひ本でも読んでみてください。「闇の穴」文庫本収録、30ページくらいの短編です。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2011-06-18 19:37