明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

水嶋ヒロさん、おめでとう。

 水嶋ヒロさん、おめでとう。なんだか凄い文学新人賞を受賞したとかで、大騒ぎですね。
 こういうのを見せ付けられると、ああ、私も頑張るぞ、と気合を入れてしまう。
 刺激を受ける。これで、私は駄目だあ、何て思わない。気合が入ってしまうのだから、不思議です。

 水嶋ヒロさん、といえば、かっこよくて俳優としても売れっ子で、結婚と私生活まで順調に見えてしまう。だが、そうだろうか? 彼は人一倍努力をしているのだと思う。受賞作の内容も命がテーマらしい。結婚の事も考えてみると、彼はとても優しい人柄なんではないかと、想像を豊かにしてしまうのです。
 まあ、彼は彼。わたしはわたし。頑張るしかないのだ。書く意欲が益々湧きますように。

 恒例のドラマ期待度。恒例ってほどではないが、一応秋のドラマを見ていこう。
 毎週見ているものから。

  龍馬伝  そろそろ終わりだな。誰に斬られるのか、見とどけよう。
  流れ星  月9. 竹之内豊くん、ひさしぶり。内容は、引っ張るなあ。まだよくわからない部分が多い。
  フリーター、家を買う。  これは、秋のイチ押し。二宮くんも良し。小説が原作です。どうなるのか、決まっていそうで、ワクワクしてしまう。
  ギルティ  ミステリアスで、内容はお決まりらしいが、謎はまだ多いから見る。
  Q10   佐藤健、前田敦子コンビは、若者に最強。内容も好感度あり。中学、高校生なら、絶対みたい。晴れ晴れとカラっとした空気が気持ちいい。

  あと、蒼穹の昴も。1月からのハイビジョン放送を見逃した方は、是非どうぞ。浅田次郎原作の傑作です。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-11-02 19:07 | 思うこと