明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

向日葵の咲かない夏。

向日葵の咲かない夏。道尾秀介さん。

 7月に読みました。今頃感想です。
 まず、昨年一番売れた小説らしいということは置いておいても、読んで損の無いです。
 どこが凄いのか。簡単に言うと、ぐいぐい読者を引き込んでおいて、さあラスト。ここで裏切られます。このようなことは、サスペンスではよくあることなんですが、この本の場合、なんだ、これは? というとんでもない方向へ吹っ飛ばされます。真面目に、ぶっ飛びます。気をつけてください。
 ネタバレになると、読む気が起きなくなるので、ネタバレはしません。今回に限り。
 それだけ、特異な流され方をします。読後感がどうのこうの、と言うレベルを超えています。こんなに見事に騙されると、スカッとします。いえ、スカッとしないラストではありますが。
 文章力の巧みな技に、抱かれるように読んでいけると思いますね。

 9月もなかばを過ぎ、書き掛けの2作目も、半分(250枚)越えました。マラソンで言う折り返し地点を回りまして、どうゴールを目指すかというところ。
 その段階で、次の作品の案が浮かぶ事がある。これが繋いでいくために、必要なものだと思う。2つ同時進行は無理なので(遅いのだ)、案はメモって置く。忘れやすいので、注意。
 いよいよ、来月末に応募作の発表がある。ドキドキするが、チャレンジャーは眠っていられないのだ。駄目なら次へ向おう。
 そういえば、小学2年の子に、宿題が多いときは、ああ、マラソンで半分終わった、後半分だから、楽だ。そう思え。と教えているのです。わかるのか、わからないのか。
 畑の草も雨の降るたびに増えますね。きれいにしておくと、気持ちいいものです。

 ニコンが、D7000という凄いカメラを出してきた。価格の割りに安い高性能。羨ましい。デザインもカッコイイぞ。
 キャノンは、40Dの中古が良品で4万円切りでお買い得感が増してきた。来春辺り欲しい。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-09-19 22:43