明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

肩が上がらん~。

 右腕の肩を上げるのが辛い、この三日間。
冬は、固まってるからな。腕立て伏せが出来ないのが、辛い。

 グランドフィナーレ(阿部和重)を読む。
入りにくい序盤に比べ、中盤からガラリと変わる。最後の最後も、どうなるのか読者にゆだねているのだが、希望がある終わりに近い。
 これは救いある。
 数年前の芥川賞受賞作。心理描写が綿密であるが、物語はう~む。

 アカデミー授賞式を見る。
 「おっぱいバレー」とは、また凄いタイトルを付けたものだと、驚く。
 ユーモアがあって、何とも素晴らしいタイトルじゃないか。
 
 日本映画も、こんな遊び心がもっと欲しい。
 真面目か、ふざけすぎか、
しかないとこに、ユーモアという欧米文化がまだまだ少ない、日本国。

 男優、女優陣で注目は、
松たか子さん、
香川照之さん、
余貴美子さん、でありました。
[PR]
by kaseno-sanpo | 2010-03-06 10:09 | 思うこと