明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

カメラを出さなきゃ。

久しぶりにカメラを出さなきゃ。土日か、日だけか。
年に数度の大掛かりな撮影になって、今年で5年目。ようやくいい写真が撮れるようになりました。
リュックに機材を背負っていくのは、年に数回なので気合が入ります。
今年の夏の舞台は、最高に満足いくものだった。ああゆうものが、また取れたら最高です。
撮影は一期一会。その場と同じ空気は二度とない。
舞台も同じなんでしょうね。ぜひ、お客さんが一体感を味わえるような演技が見たいものです。
レンズは、何持っていこうか。出来るだけ軽くしたい。
贅沢言えば、カメラ二台が欲しいんだけど。標準ズームもそろそろ卒業して単に切り替えたい。
フルサイズじゃない、APS-C で良かったなと思うのは、軽さと安さ。
やはり高感度はもっと欲しい。ISO3200を平気で使えれば、ほぼ満足だろう。
あいにくまだ、ぎりぎりISO1600までしか使えない。
あとは、ノリ気。本気にさせてくれる舞台を期待したい。

衛星テレビで、映画、博士の愛した数式が来てます。
本は大ヒットした、小川洋子原作。これは涙無くして読めない秀作です。
映画は、深津絵里さん主演。実はファンなんです。
吉岡秀隆、寺尾聡も良い役者だなあ。子役から成功した珍しい例の、吉岡くん。純君の思い出が残ってます。
本屋大賞を受賞した本は、ほかに夜のピクニックもお薦めです。売れてる本は手を出さないのだが、この2冊は本当に面白かった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ 
[PR]
by kaseno-sanpo | 2009-11-17 22:40 | 思うこと