明るく、笑顔で。陽光浴びて、歩いていこう。

by kaseno-sanpo

恩田陸を読む。

集中して、図書館で戯曲を3冊借りてきた。
恩田陸さんの「猫と針」 恩田さんといえば、小説家。夜のピクニックは最後まで面白く読ませていただいた。
期待が大きい分、話が解りづらい今回。残念。まあ形として有るとだけ覚えておきたい。
山田太一さん「砂の上でダンス・ジャンプ」山田さんは、好きな作家だから、数冊の記憶があり、これもかなり面白く学べそうだ。
好きな人の本は、贔屓目で評価してしまうから恐い。
井上ひさしさん「太鼓たたいて笛吹いて」 井上さんは、最近読み始めた作家。
何から何まで一通り学べそうな感じである。笑いも無理していない。経験が良さに表れていて、けして威張っていない。読み手に伝わるものが柔らかい。

恩田さんは、戯曲といっても一番小説らしい。(これはまずいのでは?)
だから彼女も反省した日記を載せている。
この辺が素人に対して、とてもリアルで為になるので感謝したい。ありがとう恩田様。

 ごゆっくり、ご覧になってください♪
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ 人気ブログランキングへ  写真は、下記写真をクリックでちょぴっと拡大して見てください。
d0134098_1859030.jpg

[PR]
by kaseno-sanpo | 2009-07-27 19:00 | 思うこと